fc2ブログ
2023-01-13(Fri)

痛みと恐怖


昨日1月12日(木)は福岡での殺陣練習でした。
20230112福岡

次回は来週、17日(火)に久留米の殺陣教室。

以降1月中は
24日(火)久留米殺陣教室
26日(木)福岡殺陣練習
31日(火)久留米殺陣教室
となってます。


昨日の練習はストレッチから。

僕を筆頭に、身体固い人が多いですからねー。

殺陣教室だとそーゆー事に時間使いづらかったので、これはやれて良かったなーと思いました。

その後に蹴りの練習をしましたが、いつもより動きやすかった気がします。

その後は先日の久留米教室でもやった「真っ向と柳」

ここでもやはり「振る」と「斬る」問題が。

本気で斬るつもりで刀を振らなきゃ立ち回りは本物に見えないぞ~って事を理解してもらう為に、小学生にも少し痛い思いをしてもらいました。

小学生は痛い思いをした結果しばらく練習が怖くなってましたが

「痛い?我慢しろ」
「怖い?乗り越えろ」

という血も涙もない大人に囲まれ、しっかり我慢して乗り越えてました。

すごいですね!

小学生の頃の僕なら我慢する事も乗り越える事も出来ず、家に帰って弱音を吐いてたと思います。

その後の彼はすごく良い動きをしてました。

ホント、目に見えて変わったんですよ!


続行不可能なぐらい痛かったらやめさせるし完全に心が折れてたら無理させられないんですけど、

「そのぐらいの痛みや恐怖なら乗り越えなきゃ上手くならない!」

ってのはあるんですよね。

一般の方のハードルと専門の人のハードルとでは高さが違うので、そこを知ってもらうのも大切なんです。

痛い思いさせて恨まれてるかもしれないけど、それで上手くなってもらえるなら本望です。

そんなんで恨むような奴じゃないんですけどね彼は。


柳に関しては先日新しい発見があって、「これまで漠然と形だけだったなぁ」と反省です。

もちろんこれまでも意味や意識を含めて教えてましたが、今回はもうひとつ先に進めた気がしました。

これからも練習を続けていけば色んな発見があるんだろうな。

楽しみ!

2023-01-11(Wed)

発見


明日1月12日(木)は殺陣・アクションの練習日です。

福岡市南区にて19時から22時。

その時々で僕が気になっている事、やっておきたい事などを中心に練習する予定です。

そんな感じですが、もし参加したいって方いらっしゃいましたらご連絡ください。

busow@softbank.ne.jp

明日は、昨日の久留米教室でのメニューをアレンジして練習してみようかな。


そんな昨日の久留米教室では、最近気になってた事を集中して練習してみました。

「振る」じゃなくて「斬る」「打つ」を意識しての素振り。
「斬る・打つ」を意識した上で「止める」素振り。

「斬る山形」とそれを「受ける柳」など。

どれもこれまでさんざんやってきた事。

気になる事を練習すると結局基本に戻るのが面白いところです。

そして今回は、そんな基本練習の中で新たな発見がありました。

何年、何十年と同じ事をやっていても新しい気付きがある…

奥が深い…


僕の底が浅いだけかもしれませんが(可能性大)
20230110久留米

2023-01-10(Tue)

今日は久留米教室


本日1月10日(火)はアトラクションチーム武装の殺陣教室です。
20221227

久留米市野中町にて18時〜21時。

未経験者歓迎、参加者募集中。

要予約ですので参加希望の方はお問い合わせください。
メール…busow@softbank.ne.jp
電話…090-9479-0922 ※出られない場合があります

来館前の検温と館内でのマスク着用をお願いしています。
37.5℃以上の熱がある方、体調が良くない方、マスクをしていない方は入館出来ません。


最近の特撮ヒーロー番組はほとんど観なくなってしまったけど

昔の番組のアクションシーンはよく観ている。

自分がショーをやってた90年代のアクションが一番好きだけど、

70年代、80年代のカッコ良さも痺れるものがある。

70年代、80年代のヒーローアクションなんて今のアクションをやってる若い子が見たら「大袈裟」「リアリティが無い」「古臭い」と思うかもしれないけど、

これぞ王道のヒーローアクション!って感じがたまらないのです。

先人達が作ってきたものを下敷きにして次の世代の新しいアクションが生まれる。

「現在」は突然生まれてきたものではないのです。


現在のアクションはテンポが早く手数が多くアクロバティックなものが多くて僕にはとても真似出来ません。

なので僕は、時代遅れと思われるかもしれないアクションをやり続けていきたいなと思います。


※本当はアクションに新しいも古いもないと思ってます。時代に関わらず、カッコいいものはカッコいいのですから。流行りはありますけどね。

オクトーバープロジェクトのブラックエルフのポーズは70年代、大野剣友会のヒーローをイメージしてます。
20221001オクトーバープロジェクト新旧ブラックエルフ
2023-01-09(Mon)

キャラクターのカッコ良さとは?


明日1月10日(火)はアトラクションチーム武装の殺陣教室!
20221227

今年最初の殺陣教室です。

久留米市野中町にて18時〜21時。

未経験者歓迎、参加者募集中。

要予約ですので参加希望の方はお問い合わせください。
メール…busow@softbank.ne.jp
電話…090-9479-0922 ※出られない場合があります

来館前の検温と館内でのマスク着用をお願いしています。
37.5℃以上の熱がある方、体調が良くない方、マスクをしていない方は入館出来ません。


人間のアクションとキャラクターのアクションは何が違うんだろう?と考える。

というのも、最近キャラクターの動きを体が忘れてしまっているように感じるからです。

武装を立ち上げて「忍者ライブショーさやか見参!」をやってる頃はキャラクターの動きや癖が抜けなくて苦労したのに。

まぁ今でも完全に人間の動きにはなれていなくて、

人間とキャラクターの中間にいる中途半端な存在

と化しておりますが。

キャラクターらしさはやっぱり「動きのキレと見得」って事になるのかなぁ?

人間のアクションでもキレは必要なんだけど、キャラクターは「日常ではやらないような動きのキレ」を必要としてる気がします。

日常の動きが0〜100の振り幅だとするなら、キャラクターの動きは0か100か、みたいなところがあるし、何より分かりやすく動く事に腐心しなければならない!

名優・船越英一郎さんのお芝居、あえてそういう風にされてる時があると思うんですが、

誰かと話してる↓
ポケットの中で携帯が鳴る↓
立ち止まり「ん?」という表情↓
ポケットの辺りを見る↓
話してた相手を手で制してポケットに手を入れて↓
携帯を取り出し勢い良くパカッと開く↓
険しい顔で耳に当て「もしもし」

みたいなお芝居をされてるのを見るたび、これはキャラクターの動きのお手本だなぁって思うんです。

言葉で説明しなくても動きが説明になっている。

キャラクターが構えたり見得を切ったり、ただ振り向いたり、それは動きによる説明だと思うんですね。

だから0か100かで動かなきゃいけない。
動きの振り幅が大きいと説明がぼやけてしまうから。

中途半端な動きだとキャラクターとしてカッコ良くないですしね。

…という事は、キャラクターの動きのカッコ良さってのは人間らしさを排したところにあるのかも?

確かに人間らしさを入れるとキャラクターの弱さが見える。
でも弱さを見せながら戦うキャラクターもまたカッコいい。

どういうカッコ良さを見せたいかで変わってくるのかもしれません。


…答えは全然見つかってませんが、これからも考えながら色んな動きを試してみたいな。

2023-01-08(Sun)

土曜日のアクションレッスン


1月の練習予定

10日(火)久留米殺陣教室 18時〜21時
12日(木)福岡殺陣練習 19時〜22時
17日(火)久留米殺陣教室 18時〜21時
24日(火)久留米殺陣教室 18時〜21時
26日(木)福岡殺陣練習 19時〜22時
31日(火)久留米殺陣教室 18時〜21時

いずれも未経験者歓迎、参加者募集中です。
要予約ですので参加希望の方はご連絡お願いします。
メール→busow@softbank.ne.jp
各種SNSへのDMでもOKです。

久留米、福岡とも来館前の検温と館内でのマスク着用をお願いしています。

37.5℃以上の熱がある方、体調が良くない方、マスクをしていない方は入館出来ません


土曜日のKCE福岡校アクションレッスン

参加してくれたのは、いつも来てくれてる女子と久しぶりの小学生女子。

木刀での素振りと摺り足を中心に練習しました。

久しぶりの小学生女子は木刀の重さで腕が疲れてたみたいですが、それでも頑張ったのがすごい!

なかなか上手くいかない所もあったけど、それはこれまで足捌きを教えていなかったから。

本当は摺り足からスタートして、慣れたら素振りって順番にしたいんですけど、それだと木刀持つ前に挫折する人が出そうなんですよね。

というワケで今回は歩いたり走ったり踏み込んだり。

普段モデルレッスンをしてる方は、ウォーキングと全然違う動きなので苦労すると思います。

それでも頑張ってくれるから指導にも気合いが入りますよね。

いつも来てくれてる女子は基本の動きがかなり出来るようになってきました。

努力家だしセンスもあるのかな。

彼女が次に進む為には「感情表現」が必要だと考えています。

簡単に言うと「照れずにお芝居する事」なんですが。

こちらのアクションレッスンでは本格的に役者を目指して学びたいって方はまだ少なくて、

メインの活動はモデルさんだったり歌手だったりだけど、今後の選択肢を増やせるように体験しておきたい

みたいな方がほとんどなんです。

なので「照れを捨てて感情を出して!」と言ってもそれはなかなか難しい話で。

それでも例えば4、5人が参加していて自分以外が感情を出しているならやれるかもしれませんが、

人数はまだ少ないわビギナーさんばかりだわでは恥ずかしいのもうなずけます。

参加者を増やす事、参加者を芝居出来るように育てる事、

そこは自分が頑張らなきゃいけないところですね。
20230107KCE

プロフィール

武装代表・内野

Author:武装代表・内野
福岡・久留米を中心に、九州全域で活動している『アトラクションチーム武装』の代表です。

1972年生まれ。
1990年にキャラクターショーの世界に入り現在に至る。

2007年に武装を設立。

武装の活動内容は殺陣教室、殺陣指導、オリジナルキャラクターショー等。

現在は関西コレクションエンターテイメント福岡校さんでのアクションレッスン講師もやらせてもらってます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード