fc2ブログ
2011-11-07(Mon)

小説・さやか見参!2(106)

林の奥から歩いてきたのは、さやかの予想通り細身の若い男だった。

小さな燭台に灯を乗せ、行李のような物を背負っている。

二十歳前後だろうか、

遠目に見ても神経質そうな印象を受ける顔立ちだ。

考え事をしているのか、深刻な表情のまま、うつむいて歩いてくる。

まだ近付いて来るさやかに気付く気配はない。

二人の距離が縮まる。

だが、まだ男は顔を上げない。

さやかは少し戸惑った。

あの青年は、ぎりぎりまで自分に気付かないのではないか。

まさにぶつからんとするまで近付かねば気付かないのではないか。

こんな暗闇で…

しかも天狗が出ると言われている林の中で(男が天狗の噂を知っているかは分からないが)、

突然目の前に人影が現れたら…

その驚きは並々ならぬものがあるのではないか。

下手をすれば腰を抜かすほど、

いや、気の弱い者なら失神するほど驚愕するかもしれない。

周囲への注意を怠った本人の責任とはいえ、それは少し可哀想に思えた。

さやかは、

持っている枝で、わざと地面を大きく払った。


鞭のようにしなった枝が、落ち葉と湿った土をはじいた。

ひゅんっ!ばしっ!

その音にようやく顔を上げた男は、

前方で己の灯に照らされた人影に気付き、

『ひゃあああっ!』

と尻餅をついた。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

武装代表・内野

Author:武装代表・内野
福岡・久留米を中心に、九州全域で活動している『アトラクションチーム武装』の代表です。

1972年生まれ。
1990年にキャラクターショーの世界に入り現在に至る。

2007年に武装を設立。

武装の活動内容は殺陣教室、殺陣指導、オリジナルキャラクターショー等。

現在は関西コレクションエンターテイメント福岡校さんでのアクションレッスン講師もやらせてもらってます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード