FC2ブログ
2011-09-30(Fri)

小説・さやか見参!2(98)

サンサカの薄桃色に包まれると幸せの記憶が蘇る。

厳しい修業や死と隣り合わせの任務ばかりであったが、当たり前に兄がいて、家族や仲間と笑い合えた日々…

さやかは胸をえぐられるような痛みを感じ、強く目を閉じた。

過去の幸せに浸る為ではない。

かつての『幸せ』を脳裏から振り払う為だ。

しかしもう遅い。

それは既にさやかを満たしてしまった。

過去の幸せを実感するという事は、現在の虚無を実感するという事である。

幸福と不幸は表裏一体だとさやかは思う。

幸福を知らねば不幸を知る事はないし、
不幸に遭わねば幸福は感じられぬものだ。

事実さやかは、兄が健在の頃、それを特別『幸福』だとは思っていなかった。

それはさやかにとって当たり前の日常だったのである。

その日常が壊れた時、さやかは初めて『不幸』を味わった。

不幸を知った時、ようやく過去の自分が『幸福』だったと思い知ったのだ。

少なくともさやかにとって、『過去の幸福』は『現在の不幸』と同義なのである。

(…また亡霊を呼び出してしまった…)

さやかは後悔した。

過去の幸せというのは、たちの悪い亡霊だ。

いつまでも心に取り憑き、成仏するまでは精気を吸い続ける。

幻龍イバラキに兄を殺されて以来十年、さやかはこの亡霊に魂を削り取られ、生きる気力すら失っていたのだ。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

武装代表・内野

Author:武装代表・内野
福岡・久留米を中心に、九州全域で活動している『アトラクションチーム武装』の代表です。

1972年生まれ。
1990年にキャラクターショーの世界に入り現在に至る。

2007年に武装を設立。

武装の活動内容は殺陣教室、殺陣指導、オリジナルキャラクターショー等。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード