FC2ブログ
2011-09-24(Sat)

アクションへの道(272)

前回を読み返したら、あまりにも自分を褒めてる感じで驚きました。


『ショーが上手い』という自信に嘘はありませんが、それは『世界に通用する』とか、『全国制覇!』なんてレベルでなく、

『この校区ではわりと知られてるよ~』

ぐらいの話だと思って下さい。

『プロとしてステージに立つ以上ピンもキリも関係ない』

と思うのですが、それはあくまで心構えの話。

実際には『プロ』と言ってもピンからキリまでいるワケで、僕なんかは末端の末端にいるのです。

こんな話をすると

『なんでそんなに自分を卑下するんだ!』

『もっと自分に自信を持たなきゃ駄目じゃないか!』

なんて叱られたりもしますが、これ、単に自嘲してるだけじゃなく、周りにプレッシャーをかけてる部分もあるんですよ。

僕はプロの世界の末端の末端にいるワケですが、

じゃあ僕ほどの事も出来ずに(やらずに)プロを名乗ってる人はどのぐらいのプロのつもりなの?

なんて思ってたりするのです。

『何がプロか?』って定義は難しくて、

『金額に関わらず、お金をもらって人前に立つ以上はプロだ!』

って人もいるし、

『キチンとした金額のギャラをもらってこそ』

って人もいるし、

『お金を貰わなくても人前に出る以上…』

って人もいます。

肩書きやポジションによる区分もあるだろうし、心掛けや矜持によるプロ意識だってあるでしょう。

それに加えて、

『技術と経験』

はプロとして絶対に外せないファクターだと僕は思います。

第一線で活躍なさっている一流のプロの方々と比べたら、僕の技術や経験など足元にも及ばない事を痛感します。

だから僕は自分を

『プロとしては末端』

と位置付けているのです。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

武装代表・内野

Author:武装代表・内野
福岡・久留米を中心に、九州全域で活動している『アトラクションチーム武装』の代表です。

1972年生まれ。
1990年にキャラクターショーの世界に入り現在に至る。

2007年に武装を設立。

武装の活動内容は殺陣教室、殺陣指導、オリジナルキャラクターショー等。

現在は関西コレクションエンターテイメント福岡校さんでのアクションレッスン講師もやらせてもらってます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード