fc2ブログ
2011-08-20(Sat)

アクションへの道(255)

ここまでを読んで下さった方は、

『なんだよ、
結局後輩達に偉そうな事言いたいだけかよ』

と思ってるかもしれませんね。

どのエピソードも突き詰めれば、

『後輩達に知っていてもらいたい』

という所に落ち着いてしまうので、そう受け取られても仕方ないかと思います。

まぁ確かに説教臭さや押し付けがましさはありますよね。

もっとやんわりと伝える能力があれば良いのですが、現時点ではまだ身についていないようです。

それでも1つ言えるのは、

僕は偉そうにアドバイスしたいと思った事はない、という事です。

だって自分が後輩より偉いなんて思わないんですもん。

そりゃあ自分を基準にして考えたら、

自分より上だと思える後輩、
自分より下だと思える後輩、
色んなタイプがいるんですけど、

上の奴に媚びるとか、
下の奴に驕るとか、

そんな事ではないと思うんです。

だって何をもって上と言うのか下と言うのかも分からないし、
そんなの自分の基準に過ぎないんだし。

なによりチームの仲間ってのは、良いショーを作る為に競い合ったり一丸となったりする存在であって、優越感をもって見下したりするものではないから。


僕は若い頃エゴの塊でした。

下と思える奴を見ては優越感に浸り、
上と思える奴を見ては劣等感を抱き、
いつも自分を認めてもらう事ばかり考えていて、

それが原動力になって頑張れた部分も大きいんですけど、必ずしもコンプレックスをバネにする必要はなかったかな、って今は思います。

『アイツに負けないように頑張る』



『アイツを見返す為に頑張る』

は似ているようでベクトルが全然違うんですよね。

そう思えた時、初めて

『上手い奴は上手い』

『すごい奴はすごい』

と素直に思えるようになりました。

逆に

『まだまだだな』

って思える後輩は

『まだ至っていない』

というだけの事だと思えるようになりました。

つまり、

『良い後輩』



『良くなろうとしている後輩』

しかいないのだと考えられるようになったのです。


だとしたら上から偉そうに説教する必要はありません。

僕はただ、僕の知っている事、僕が経験した事を、

『何かの参考になればいいな』

と思って語り継ぐのみです。

何となくそれが僕の使命のような気がしているんです。

語り口調が偉そうなのは申し訳ないですけどね。


つづく。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

武装代表・内野

Author:武装代表・内野
福岡・久留米を中心に、九州全域で活動している『アトラクションチーム武装』の代表です。

1972年生まれ。
1990年にキャラクターショーの世界に入り現在に至る。

2007年に武装を設立。

武装の活動内容は殺陣教室、殺陣指導、オリジナルキャラクターショー等。

現在は関西コレクションエンターテイメント福岡校さんでのアクションレッスン講師もやらせてもらってます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード