fc2ブログ
2011-08-15(Mon)

アクションへの道(250)

しかしながら、ただ

『先輩方も今の君達と同じように考えて頑張ってきたんだよ、

だから簡単に先輩を非難しちゃいけないよ』

なんて書いたとしても説得力はありません。

人を説得するには具体例が必要なのです。

そこで僕は具体例を書く事にしています。

僕が書ける具体例は、僕が経験してきた事です。

僕が先輩に対し、

『古臭ぇんだよ!』

と憤り、

反逆し、

成功したり失敗したりして、

数年経って先輩の気持ちを理解する、

その過程を紹介していく必要があるのです。


これを実際のエピソードを元に書く場合、
先輩方を『古臭い考えの持ち主』として登場させねばなりません。

古い因習をもって若手の成長を阻み、ショーをつまらなくしている『邪魔者』として描かなくてはならないのです。

逆に僕自身(や同期メンバー)は、より良いショーを作ろうとするチャレンジャーとして、
そして頭の固い先輩に邪魔される『被害者』として書かねばなりません。

先輩達に邪魔されながらも新しいショー、面白いショーを作ろうとする僕の物語、

ここまでを読めば、ただ先輩達の悪口を書いているように思えるでしょう。

しかし物語はまだ終わっていないのです。

それから数年が経ち、僕が先輩達を理解した時、

そのエピソードをもって1つの完結を迎えるのです。

そこに至った時、古臭い邪魔者だった先輩は『若者を導く先達』となり、

古き因習を打ち破ろうとする僕らの挑戦は『若気の至り』になるのです。


このブログを読んでくれている後輩達も、今はただまっしぐらに、新しいショー、より良いショーを求めて頑張っていると思います。

その中で先輩達の教えに、古臭いやり方に反発を覚える事もあると思います。

今はそれでいい。

しかしいずれ、『現在の土台を作ってきた先人達に感謝する日が来るよ』と、

それだけは言っておきたいのです。


なのでもし、

『内野の野郎、俺の悪口ばっかり書きやがって!』

なんて思ってる方がいましたら(いっぱいいるでしょうけど)それを踏まえて読んでみて下さい。

僕の真意が分かってもらえると思います。


もし、

『どこをどう読んでも悪口にしか思えないぞ!?』

って場合は、本当に悪く書いてる可能性もありますけどね。


つづく
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

武装代表・内野

Author:武装代表・内野
福岡・久留米を中心に、九州全域で活動している『アトラクションチーム武装』の代表です。

1972年生まれ。
1990年にキャラクターショーの世界に入り現在に至る。

2007年に武装を設立。

武装の活動内容は殺陣教室、殺陣指導、オリジナルキャラクターショー等。

現在は関西コレクションエンターテイメント福岡校さんでのアクションレッスン講師もやらせてもらってます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード