fc2ブログ
2011-08-09(Tue)

アクションへの道(246)

前回は『イラッ』としたエピソードを長々と書いてみましたが、今回もそんな感じです♪


とある歴史をテーマにした公園でのイベントでショーをする事になりました。

僕指名で

『しゃべりをよろしく』

との事だったのです。

『しゃべり』を頼まれるという事は、普段やってるショーじゃなくて、

『特別なストーリーのパッケージ』

か、

『スペシャルショー』

か、
逆に規模の小さな

『ミニショー』

か、
大体そんな所のハズです。

もしそうならストーリーを考えなければなりません。

更に言えば『しゃべり用の(BGM)パッケージ』を作らなければなりません。

それならば早く情報が欲しいものです。

どんなストーリーにしたらいいのか、

キャストは何人なのか、

せめてこれぐらい分からないと何も進められないので、僕は営業担当に確認を取りました。

しかし、何回訊いても

『まだ細かい事は決まっていない』
『打ち合わせ中』
『近々決まる』

などと言うのです。

何も分からないまま本番は近付いてきて、いよいよ1週間前…

『いくらなんでも1週間前には内容決まっとるやろ!?』

と思い確認の電話を入れましたが

『まだ決まっていない』

との事。

『そんな馬鹿な!!』

愕然とする僕。

その直後、友人が

『こんなのがあったよ~』

と1枚のチラシを僕にくれました。

それはその公園で行われるイベントのチラシでした。

だったらショーの事も何か書いてあるのでは!?

目を通すとそこにはキャラクターの写真と『キャラクターショー』の文字、

そして、

『●●公園と日本の歴史を破壊しようとする怪人にヒーローが立ち向かうオリジナルストーリー!

ヒーローは日本の歴史を守れるのか!?』

という説明が…


なんだよ!
ショーの内容決まってんじゃん!!

しかもカラー印刷のチラシが出回ってるぐらいですから、原稿を作ったのはかなり前なハズ、

だとしたらもっと前に内容も決まってたハズです。

そして営業担当がそれを知らなかったハズはないのです。

この営業担当さん、
実は元々アクターで僕の大先輩。

アクターとしてはすごい方ですが、いかんせん性格がテキトーなんです。

僕は彼に電話しました。

『チラシ見ましたよ!ストーリー決まってるじゃないですか!このストーリーでショーを作るから詳細を教えて下さい!』

しかし彼はこの期に及んで、

『まだ詳細が決まってない。決まったら連絡する』

と言うのです。

そして連絡がないままショーの3日前…

リハーサルは翌日です。

もうここで決まらなかったらショーなんて作れません。

『まだ分からない』

と言われたらもうこのショーからは手を引こう…

そう決意して営業担当に電話しました。

『もう3日前ですよ!?明日リハーサルなんですよ!?さすがに詳細決まってますよね!?』

すると彼は

『おう、やっと決まったよ』

と答えました。

しかしその内容は驚くべきものでした。

『普段と同じパッケージをやるから』


…ん!?

普段のパッケージ!?

普段のパッケージには日本の歴史も、ましてや●●公園の名前も出てこないぞ?

『えっ?
だって●●公園オリジナルストーリーでしょ!?
日本の歴史を守る話でしょ?
普段のパッケージにそんな要素は全くないですよ!?』

『だからね、オマエがしゃべり怪人になって、ショーのしょっぱなに出て、

我々は日本の歴史を破壊しにきた!
この●●公園も破壊してやる!

みたいな事を言うワケよ。
それから通常のパッケージを流せば客も

あぁ、この悪役は日本の歴史を壊しにきたんだ

って思うやろ』


いやいやいや!
ストーリー部分には歴史は全く絡まないから!

そんなんに騙されるほどお客さんも馬鹿じゃないから!

『それはあんまりでしょう!?
全然オリジナルストーリーじゃないじゃないですか!!』

そう憤る僕に先輩は飄々と

『俺の中では立派なオリジナルストーリーです』

なんてぬかします。

『先輩、それは子供騙しにしても悪質過ぎますよ。
せめて通常のパッケージをベースにして、オリジナルストーリーと呼べるものを作りましょうよ!』

『パッケージを編集する時間がないから無理やな』

『パッケージが作れないなら全編しゃべりにしましょうよ!』

『全部しゃべりにするとグダグダになったりするからな。
しゃべりは最初の説明だけで』


なるほど。

これは確信犯です。

最初から通常ショーをやるつもりで、

でもそれを明らかにすると確実にクレームが来るので、

ギリギリまで『まだ分からない』を貫いたのでしょう。

想像するに、通常ショーとオリジナルショーでは予算のかけ方が違うハズ。

もしそうだとしたら、この時もオリジナルパッケージ製作費を加えて普段以上の予算を組んでいたのではないでしょうか?

その予算はどこへ消えるのか??

まぁ予算の話は置いておくとしても、
あのチラシを見て、

『へぇ~、●●公園のオリジナルストーリーなんだって!』

と期待してくれたお客さん達に対する責任はどう取るのか?

おそらく何も考えてないのでしょう。

子供達の顔なんか脳裏にも浮かばないのでしょう。

古いアクターがよく言う、

『子供なんてキャラクターが出て戦ってりゃ喜ぶんだから!』

の精神なんでしょうね。

馬鹿野郎。

子供を舐めんな。

キャラクターショーを舐めんな。


僕は電話を切ると、キャスティングをしている後輩に連絡しました。

『本当に急でスマンが、●●公園の現場から俺を外してくれ。

お客さんを平気で騙すような悪事に俺は荷担したくない』


この判断の善し悪しは分かりません。

一度受けた仕事をキャンセルするのはプロとしてどうなのかとも言われました。

しかし自分の信念を曲げてまでショーをする事は出来なかったんです。


それにしても…

こんなに悪質な仕事してる社員がいんのか…

こんな事してたらウチの会社潰れるぞ…


僕はそう思いました。

そして実際、この年に会社が潰れてしまったのです。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

予言者…

予言者…

やっぱり、お金が動けば責任が具体的になりますよね。例えボランティアでも約束したら同じですよね。
印刷物に記載されてたら既にそれらは済んでいるわけですから、詐欺だ~って言われても仕方ないよな~。
周りにも一人はいますよね。自分さえ良ければモーマンタイ的な人…

>DA1

クライアントさんとどういう話をしてたのかは分からないけど、お客さんにとっては詐欺だよね~!

なんか分かんないけど、イベント屋さんってこのタイプ多い気がする…

「俺的にはアリ」

とか

「俺の中では解決してる」

とか言う人…

No title

長年の疑問が解けました。
なぜあの日僕が急遽しゃべりをやったのか・・・。
なぜ台本がなかったのか・・・
急遽考えたシナリオをぶっつけでやったのか・・・
喋る人間が居なくて一人3役やったのか・・・
・・・そうだったのか!やはりゴルゴムの仕業!

面白い~

紐解かれた謎!!!

>サイトウさん

ホントすまんかったねぇ、
俺がゴルゴムの手先だったばっかりに…

だってバラオムがさぁ…

>DA1

色んな連鎖が生まれちゃうよねぇ…
プロフィール

武装代表・内野

Author:武装代表・内野
福岡・久留米を中心に、九州全域で活動している『アトラクションチーム武装』の代表です。

1972年生まれ。
1990年にキャラクターショーの世界に入り現在に至る。

2007年に武装を設立。

武装の活動内容は殺陣教室、殺陣指導、オリジナルキャラクターショー等。

現在は関西コレクションエンターテイメント福岡校さんでのアクションレッスン講師もやらせてもらってます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード