fc2ブログ
2011-07-28(Thu)

アクションへの道(238)

忍者ショーのパッケージが完成しました。

しかし実際にそのパッケージを使用したのはそれから2年後、

2007年です。

なのでその話はもう少し先、と言う事で…

この時に作ったパッケージは『第1部』と『第2部』の2本。

本当はこの2本だけでしばらくやっていくつもりだったのに、何故か『第1部』からストーリーが発展してしまって…

結局いまだ『第2部』は未公演です。

ちなみにこの未公演の第2部、
どんなお話かと言うと…

主人公の山吹さやかと、お目付け役の少年忍者・心太郎、そして謎の忍者戦士・ヤイバが登場するストーリーでした。

こう書くと、知ってる人は知ってますね、

2010年のローカルヒーローフェスタで公演したストーリー、

その原型になったのが(まだ陽の目を見ぬ)『第2部』のパッケージなんです。

2005年に作ったストーリーが形を変えて2010年に発表される…

心太郎やヤイバもずいぶんじれったい思いをしたんじゃないでしょうか。

何故『第2部』が公演されなかったか…

それにはいくつかの理由があるのですが、ここでは書きますまい。

まぁとりあえずパッケージが完成した事で次のステップに進もうとしたのですが…

営業が進まない!

メンバーが揃わない!

知人のツテで地域のお祭りなんかに声をかけてもらったのですが、

地域の祭りは当然地域の方が優先になるワケで、余所者の無名の忍者ショーなど入り込む余地がないとの事でした。

メンバー集めも難航。

ショーの後輩達に

『手が空いてる時でかまわないから手伝ってね』

なんて声をかけてみたものの、普段メジャーヒーローを演じて充実してる彼らが乗ってくるハズもなく、

『あぁ、いいっスねぇ、何かあったら声をかけて下さい』

と生返事。

実際声をかけたら

『あぁ、その日はちょっと…』

と二つ返事で断られる始末。

さやか役をお願いした女の子達からは

『え~っ?素面(すめん、顔出しの事)でしょ~?
素面はちょっと…スミマセン…』

と二つ返事で断られる始末。

そこで僕は初めて

『あ、みんな素面の芝居には興味ないのか!』

と気付いたのです。

僕は新人の頃、

『君達の仕事は顔こそ見えないけど俳優の仕事なんだよ』

と言われて以来、

『マスクを着けようが素面だろうが俺は俳優』

というつもりでやってきたけど、周りのみんなは

『スーツアクター』

としてショーをしてたんだ。

『みんな自分達の幅を自ら狭めてるなぁ』

なんて思ったり、

『知名度が上がってから名乗りをあげたって使ってやらねぇからな!』

なんて毒づいたり。


それでも、

『とにかく衣裳を作らにゃ始まらん!』

という事で、毎日カタカタカタカタと、ミシンと戦う代表でした。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

貴重だなぁ。

地域の祭りってそうですね。そのくせ「ご当地」とか「地元の」とか言われるのには、いまだに抵抗を感じます。
「知名度が上がってから・・・」ここ全く同感!僕なんか、ここの悔しい気持ちだけで、折れそうな所を持たせたこともありましたねぇ。
偶然とはいえ私、知ってる人になるんですね。あのステージはすごかった。そんなことも隠れてたなら、更にホント観れてよかった。

>dragonmacさん

僕も「福岡の…」なんて枕詞を付けられるのは抵抗がありますね。

イベントの司会の方から紹介文について訊かれた時は

「福岡の」と「アトラクションチーム武装の」だけは絶対言わないで下さい

とお願いしてます。

やっぱりdragonmacさんも悔しい思いをされてきたんですね。

でもそれだって昇華すれば立派な原動力!…ですよね??

心太郎とヤイバの5年越しのお披露目に立ち会っていただけて感謝感激ですよ!!

未だにしてます(笑)

悔しいですよ。今まで見向きもしなかったくせに、ちょっと全国誌で紹介されただけで急に、暴COコク代理・とかが
「今度時もタダから使ってやろうと思ってるんだけど・・・ご当地ヒーローの地元なんだから、金安くなるよね。」って、名乗りもしないで電話をかけてくる。
「はぁ?」みたいな。イッツ ア カガワケン。しばらくつきあってたけど、高飛車な物言いに
「ご当地ヒーローてのはなぁ、その土地の地名や名産品を取り入れて、そのPRに努めてるからご当地ヒーローなんだ。やってることをちゃんと調べてから言葉を使え!そもそもお宅の会社は、自分は名乗らずに他人のやってることにあれこれ言うんかい?」な~んてことを言ったような記憶が・・・。あ、最後に「ボケ!」って言ったなぁ・・・向こうがエラくキレられて一方的に切った電話に(笑)。ナンバーディスプレイの番号を控えて、検索して突き止めるところが、ネクラでいじらしい私です。

>dragonmacさん

ぅわぁっ!
それは悔しいと言うより腹が立つ!

しかしまぁ横暴な所もあったもんですね…

僕の場合はそこまで酷くありませんでしたが、やっぱり似たような事がありました…
プロフィール

武装代表・内野

Author:武装代表・内野
福岡・久留米を中心に、九州全域で活動している『アトラクションチーム武装』の代表です。

1972年生まれ。
1990年にキャラクターショーの世界に入り現在に至る。

2007年に武装を設立。

武装の活動内容は殺陣教室、殺陣指導、オリジナルキャラクターショー等。

現在は関西コレクションエンターテイメント福岡校さんでのアクションレッスン講師もやらせてもらってます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード