fc2ブログ
2011-07-14(Thu)

アクションへの道(231)

前フリが大事、って話の続きから。

展開を活かす前フリって何パターンがありますが、分かりやすいのは『逆走からのターンダッシュ』(命名・僕)ですかね。

本来見せたいものと逆の前フリをする手法なんですが、これは分かりやすいし使いやすい。

前回書いたように、しっとりしたシーンからいきなり激しい立ち回りが始まるようなパターンですね。

激しさを引き立てる為におだやかさを前フリにする、

おだやかさを引き立てる為に激しさを前フリにする、

笑いを引き立てる為にシリアスを前フリにする、

シリアスを引き立てる為に笑いを前フリにする、

悲しさを引き立てる為に幸せを前フリにする、

幸せを引き立てる為に悲しさを前フリにする…

例えを出せば枚挙に暇がありません。

物語というのは前フリと展開と事後処理で構成されているのです。

それはストーリー全体にも当てはまります。

シーン毎にも当てはまります。

立ち回りにだって当てはまっています。

『忍者ライブショー さやか見参!』の台本を見ると、立ち回りのシーンはこういう風に書かれています。

殺陣1…さやか vs 下忍ABC(40秒)

さやか勝利


この文字から何か伝わるでしょうか?

一番目の立ち回りである事、

さやかと下忍3人が戦う事、

40秒でさやかが勝つ事、

その他の要素を見つける事が出来るでしょうか?

出来ないでしょう。

間違いなく。

だって書かれてないんですから。

しかし、この立ち回りにだってストーリーがあるハズなんです。

40秒の中に起承転結があるハズなんです。

それを見つけられなければ40秒の立ち回りを付ける事は出来ません。

もし付けたとしてもそれは立ち回りではなく『形ばかりの技の羅列』に過ぎないでしょう。

『なぜ?

1対3の立ち回りを40秒やればいいんでしょ?

最後にさやかが勝てばいいんでしょ?

そんなに深く考える事かなぁ?』

と思った方いますか?

では例えを2パターン用意してみますね。

想像しながら読んでみて下さいね。

~パターンA~

さやか『あなた達がお兄ちゃんを殺したのね!?』

下忍A『あぁそうさ。あいつはお人好しだったからな。騙し討ちにするのは簡単だったぜ』

さやか『お兄ちゃんはあなた達を信じてたのに…許せない…絶対許せない!』

抜刀し、下忍達に飛び込んでいくさやか

さやか『お兄ちゃんのかたきッ!!』

殺陣1…さやか vs 下忍ABC(40秒)

さやか勝利


~パターンB~

さやか『なに…?急に目まいが…』

下忍A『へっへっへ、さっきの水に仕込んだ毒が効いてきたみたいだな』

さやか『毒…!?卑怯な…』

さやか、震える手で抜刀するが、力が入らず刀を落としてしまう

下忍A『さすがのオマエでも全身痺れちゃ戦えねぇよな、立ってるのもやっとみたいだしよ』

さやか『くっ…!』

必死に拾った刀を杖にして、どうにか踏み堪えているさやか

下忍A『悪いな、死んでもらうぜ』

殺陣1…さやか vs 下忍ABC(40秒)

さやか勝利


…どうでしょう?

この2つの立ち回り、イメージ出来ましたか?

パターンAはどうなりましたか?

パターンBはどうですか?

『あまり違いはなかったなぁ』

って方がいたなら、その方は立ち回りをつけるのはやめた方がいいですね。

少しでも芝居っ気がある方ならこの2つは同じにならないと思います。

演技(立ち回りを含む)には『行間を読む力』が必要になってきます。

では立ち回りの行間はどこに示されているのか。

台本の全てに、です。

全ての台詞、全てのト書きが、立ち回りの行間をありありと示しているのです。


つづく
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

武装代表・内野

Author:武装代表・内野
福岡・久留米を中心に、九州全域で活動している『アトラクションチーム武装』の代表です。

1972年生まれ。
1990年にキャラクターショーの世界に入り現在に至る。

2007年に武装を設立。

武装の活動内容は殺陣教室、殺陣指導、オリジナルキャラクターショー等。

現在は関西コレクションエンターテイメント福岡校さんでのアクションレッスン講師もやらせてもらってます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード