fc2ブログ
2011-06-12(Sun)

アクションへの道(203)

仕事を干された僕は、正直何が何だか分かりません。

僕を責めるリーダーや社員は口を揃えて

『みんながお前を嫌っている』

と言いました。

しかし、『誰が』『どういった理由で』僕を嫌っているのか具体例は1つも教えてくれません。

直接揉めたリーダー達に嫌われるのは仕方ないんですが、その他の若手メンバーにまで避けられる理由が分からないのです。

若手の彼ら彼女らにとって、俺はそんなに悪い先輩だったのか??

『反省しろ』

と言われても、何を反省すればいいのか見当もつきませんでした。

後輩達に

『嫌な思いさせてたならゴメン。直していきたいから何かあったら言ってね』

と話しますが、みんな特に話してはくれません。

仲の良かった後輩の1人は

『もし何かあっても先輩には言いづらいですよね~』

と言いました。

悪い所は直したい。

直してみんなと仲良くしたい。

なのに、

何を直せばいいのかが分からないのです。

僕は『シカト』というヤツが一番嫌いです。

誰かに悪い所があるのなら、嫌な所があるのなら、それは指摘してあげるべきだ、と思っているからです。

学校にしろ会社にしろサークルにしろ、社会という枠においては、人と『付き合う』事を前提に考えるべきだと思っているからです。

嫌な所があるから付き合わない、悪い所があるからシカトする、それはあまりに卑怯な気がするのです。

だからと言って我慢して付き合う必要はありません。

相手に『そこが嫌だ』『直してくれ』と言えばいいんです。

言われた方は直せばいい、直さずとも話し合って理解し合えるのならそれでもいい。

人間関係ってそんなものだと思っているんです。

嫌な奴がいたら黙って排除する社会が健全とは思えないんです。

ましてや子供達の前でヒーローやヒロインを演じる者達が…


僕は戦隊のショーパッケージの台本に自分の思いを込めました。

敵が撒いた『心の不満を増大させるスプレー』を浴びたヒーロー2人は、熱血突っ走りタイプのレッドへの不満を爆発させます。

『お前は身勝手で考えが浅くて他人を信頼していなくて自分が正しいと思っていて…』

『お前みたいな奴とはもう一緒に戦えない!』

こうして決別を告げられ孤立したレッドは、

『俺はそんなに嫌われてたのか、そんなに嫌な奴だったのか…』

と愕然とします。

スプレーを浴びていない2人は

『レッドには悪い所もあるけど良い所もたくさんある!そのおかげで今まで上手くいってた部分もある!』

『レッドばかりを責めちゃダメだ!誰にだって悪い所はある!』

とレッドをかばいます。

悩みに悩んだレッドが出した結論は…


『(自分を責めた2人に)悪い所を指摘してくれてありがとうな!自分じゃなかなか気付けなくて…でも欠点が分かったんだから、これからはどんどん直していくぜ!!』

『(かばった2人に)かばってくれてサンキューな。その気持ちに応える為にもこれから頑張るぜ!』

というものでした。

かくしてスプレーの効果が切れたヒーロー達の絆はますます強くなり、敵を撃退せしめるのでした。


これは完全に僕個人の心情をショーにしたものです。

『身近な人に悪い部分があったら言ってあげるべきだ』

『責める為じゃなく、改善させる為に指摘してやるべきだ』

『良い部分も探してあげるべきだ』

そして、

『批判や指摘を受けた者はそれを受け入れて素直に反省し改善するべきだ』

という僕の本心を詰め込んだショーなんです。

みんながお互いにこうやって付き合えたらいいな、という理想を形にしたものなんです。

早い話が、

『俺に悪い所があるならどんどん言ってくれ!!俺は反省したいし直していきたいんだ!!』

という僕個人のメッセージですよね。

しかし実際にはそのメッセージは届かず、僕はただ干されたまま、僕を干した現役メンバー達がこのショーを演じていくのでした。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

武装代表・内野

Author:武装代表・内野
福岡・久留米を中心に、九州全域で活動している『アトラクションチーム武装』の代表です。

1972年生まれ。
1990年にキャラクターショーの世界に入り現在に至る。

2007年に武装を設立。

武装の活動内容は殺陣教室、殺陣指導、オリジナルキャラクターショー等。

現在は関西コレクションエンターテイメント福岡校さんでのアクションレッスン講師もやらせてもらってます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード