fc2ブログ
2011-06-11(Sat)

アクションへの道(202)

屈辱・恥辱にまみれたショーを終えて事務所に戻った僕。

衣裳を洗濯したり干したりしながら気が気ではありませんでした。

僕が入れなかったメルヘンショーのメンバーが帰ってくる前に道場から逃げ出したかったのです。

アクションリーダーは僕の事を

『女目当てでメルヘンに入りたがっている』

と思っていた。

だったらメルヘンメンバーの女の子達だって、メルヘン練習に参加している男性メンバーだって、僕の事をそう思っているかもしれないのです。

もうどんな顔をして会えばいいのか分からない。

「いやいや、考えすぎでしょ」

って思う人もいるかもしれませんが、この時はそうとしか考えきれないぐらい精神的に追い詰められていたんです。

メルヘンチームが帰ってきたのと同時に自分達の仕事が終わり、僕は急いで倉庫に逃げ込みました。

事務所の手伝いをやっていた関係で、倉庫内の仕事もあったのです。

外では楽しげな声が響いています。

一番聞きたくなかった

『やっぱりSさんすごかったよね~』

という声を聞いてしまった僕は、倉庫で独り絶叫していました。

今まで掲げていた目標とか、
それに向かう努力とか、
ひいてはアクターとしての自分とか、

全てが否定されたような気になったのです。

自分が崩壊した瞬間でした。


この日を境に、僕はアクションリーダー、メルヘンリーダーが憎くて憎くて憎くて憎くて仕方なくなりました。

メルヘン練習に行くのはやめました。

どうせ女目当てとしか思われないんだし。

アクション練習にはどうにか行ってたんですが、前述したアクションリーダーの方針

(遅刻を糾弾する、
先輩と若手を張り合わせて前に出ない者にはチャンスを与えない、
いい現場は自分とお気に入り優先)

が完全に許せなくなっていて爆発寸前でした。

ギリギリで我慢していた僕ですが、我慢が限界を迎えるまでそう時間はかかりませんでした。

ある日の練習でいつものように

「立ち回りやりたい奴」

と聞かれ、僕は若手の様子を見ました。

若手がモジモジしているようなら手を挙げようと思ったからでした。

その瞬間、リーダーのお気に入り達が手を挙げました。

リーダーは

『じゃあ手を挙げた奴は畳にあがって。挙げんかった奴はもうやらなくていいから座って見てて下さい』

と言いました。

僕はイラッときたので、黙って道場を去り、倉庫で仕事を始めました。

もうこの練習に参加する意味もないな、と思ったからです。

練習後、アクションリーダーが

『途中で勝手にいなくなった理由を説明して下さい』

と言いに来ました。

『まだ仕事が残ってたけんね。見学するぐらいなら仕事しようと思って抜けたよ』

『勝手な事をされると他のメンバーに悪影響があるから、今後は練習に参加しないで下さい』

『そうやね。来るなと言うなら別に行かんよ』

こうして僕は感情的にアクションともメルヘンとも決別したのです。

そうなると当然キャスティングに僕は使われなくなります。

いわゆる『仕事を干される』というヤツです。

干された僕の評判は日増しに悪くなるばかり。

『何故こんなに?』

と原因を調べると、なんと大々的なネガティブキャンペーンが行なわれていたのです。



当時僕は自分達のチームの仕事ぶりを見ていて気になる事がありました。

ショーが終わって、サイン会を始めるまで、かなり時間がかかっていたのです。

もちろん激しいショーをやった直後ですから呼吸を整えたり水分を補給したりの時間は必要でしょう。

しかし、他の事務所に比べたら格段に休憩の時間が長かったのです。

『MCがつないでいるとしても、ステージにキャラクターがいない時間というのはクライアントさんにとってもお客さんにとっても無為な時間ではないのか』

そう思っていた僕は常々後輩達に

『ショーで100%の力を使い切ったが為にサイン会に出るまでの休憩時間が長くなるというのはどうなんだろう。

サイン会や撮影会までを含めてひとつのイベントなんだから、全体のペースを考えた方がいいんじゃないか。

それで例えばショーに使う力が80%になっても、イベント全体が上手くいくならいいじゃないか』

といった事を言ってたんですが、

その言葉が、

仲違いしたリーダー達によって、

何も知らない若手の後輩達に、

『内野さんはな、全然やる気がないんだ。

あの人はな、ショーに全力出すなんておかしい、

ショーなんて8割の力でやればいいと言ってるんだ。

その姿勢をお前達はどう思う?』

なんて風に伝えられていたんです。

もちろん若手達は

「うわぁ、そりゃダメっスね!」

みたいに思いますよね。

こうして僕はどんどん孤立していったのです。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

武装代表・内野

Author:武装代表・内野
福岡・久留米を中心に、九州全域で活動している『アトラクションチーム武装』の代表です。

1972年生まれ。
1990年にキャラクターショーの世界に入り現在に至る。

2007年に武装を設立。

武装の活動内容は殺陣教室、殺陣指導、オリジナルキャラクターショー等。

現在は関西コレクションエンターテイメント福岡校さんでのアクションレッスン講師もやらせてもらってます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード