fc2ブログ
2011-04-14(Thu)

アクションへの道(175)

両親の(暴力も含めた)支配から彼女を救うにはどうしたらいいのか。

とりあえずは自分の所にかくまうか。

しかし親が乗り込んできて

『娘は連れて帰る!』

と言われては打つ手もない。

立場的に帰らずに済むには…

そうして僕は言いました。

『結婚するか』

そうすれば

『ウチの娘だ!』

に対して

『俺の嫁だ!』

と言う事が出来ます。

僕はすぐに婚姻届をもらってきました。

すぐにでも提出したかったのですが彼女の知り合いの占い師(?)が

『入籍するなら●日が吉!』

とか言ったらしく、それまでの数日は親に捕まらないよう逃亡生活。

そして役所に提出し、晴れて僕らは夫婦となったのです。

これで彼女を助ける事も出来たし向こうの両親に一矢報いる事も出来たってワケです。

ちなみに僕は自分の親にも入籍した事を言いませんでした。

結婚は家同士の事ではなく個人同士の事であるべき

と思っているからです。

こうして誰からも祝福されない夫婦生活がスタートしました。

かといって何が変わったワケではありません。

僕はバイトしてショーをして、
彼女もバイトして、
単なる同棲みたいな生活でした。

しかし…

数ヶ月を過ぎた頃から、彼女が家族を恋しがるようになりました。

時々会いに帰るようになりました。

反発はあっても、やっぱり家族が好きだったんですね。

そしてある日、彼女が

『ウチの家族、北海道に移住するかもって』

と言ってきました。

『一緒に行きたいの?』

と聞くと

『う~ん…』

と唸るばかり。

これから簡単に会えなくなると思ったら付いて行きたくもなりますよね。

2001年、
彼女の心が揺れてる微妙な時期に僕が引き金を引いてしまいました。

その日はキャラクターショーチームの練習日でした。

この年、僕はショーが楽しくて楽しくて、練習も現場も目一杯参加していました。

練習終了の時間に彼女(嫁か)が車で向かえに来てくれたのですが、少し体調が悪そう。

すぐにでも一緒に帰りたかったのですが、練習の後ってなかなか帰れないんですよね。

メンバーとの交流も必要ですし、後輩から『教えて下さい』と言われる事もある。

とにかく色々あって、その日も時間がかかりそうだったんです。

仕方なく僕は彼女を先に帰らせました。

彼女からの『頭が痛い』『体調悪くてキツい』の連絡に急かれながらどうにか帰る準備を済ませた所へ、

『ちょっと相談に乗ってほしい事があるんやけど…』

とチーム内の親友が…


どうする?
どうする俺??

僕にとってショーは仕事です。

ショー仲間は仕事仲間です。

そして僕は

家庭<仕事

という人間なんです。

彼女には申し訳ないけど、親友の相談に乗って…

あくまでも手短に相談に乗って、急いで家に帰りました。

暗い部屋に入り蛍光灯を点けると、テーブルの上には

『家族より仕事を選ぶ人とは一緒にいたくありません。
出て行きます。
さようなら』

という書き置きがありました。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

だんだん切なくなってきたな

dragonmacさ~ん

呼ばれたら出てきてしまうじゃないですか。

草葉の陰でじっと見てようと思ってたのに、切ないですね。
家族より仕事を選ぶ人って・・・。選ぶさ。あたしゃ選んださ。私のことはどうでもいい。
テーブルに手紙があっただけ良かった。緑の枠紙と手編みのセーターでもあったら泣きますよ。若さの素晴らしさですね。いい、悪いなんてどうでもいいくらい、きらきらした勢いのある話だなぁ。

>DA.1

無理矢理dragonmacさんに絡むんじゃないっ!!

そしてこれは面白い話なんだ!

切なくなんてないんだぁ~!!

>dragonmacさん

DA.1がぶしつけに呼び出してスミマセンv-356
やっぱり仕事を選んじゃいますよね!

次回完結です♪

あは

ありがとうございます!

やっぱり、草陰から視線を感じてたんですよ~
プロフィール

武装代表・内野

Author:武装代表・内野
福岡・久留米を中心に、九州全域で活動している『アトラクションチーム武装』の代表です。

1972年生まれ。
1990年にキャラクターショーの世界に入り現在に至る。

2007年に武装を設立。

武装の活動内容は殺陣教室、殺陣指導、オリジナルキャラクターショー等。

現在は関西コレクションエンターテイメント福岡校さんでのアクションレッスン講師もやらせてもらってます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード