fc2ブログ
2011-03-18(Fri)

小説・さやか見参!(80)

これまで十数年イバラキを監視してきた断と封であったが、突如現われたこの邪衆院 天空という男の存在は全く知らなかった。

いつから幻龍組にいたのか。

どの地位にいる忍びなのか。

どのような技を持つのか。

一切が謎に包まれていた。

断と封にとって、相手が並の忍びなら素姓など関係ない。

一瞬触れて仕留めるだけの話だ。

しかし…

この男は二人の手に負える相手ではない。

様々な角度から繰り出される蹴りを躱すのでやっとである。

気の流れを断とうにも懐に飛び込めない。

目に見えぬ速さで繰り出される脚を掴むのも不可能であった。

『ちっ!』

攻撃を躱しながら断が舌打ちする。

こんなに苦戦を強いられるなどこれまでなかった。

苦戦どころか防戦一方だ。

やっかいなのは蹴りの速さだけではない。

軌道が自在に変化する事だ。

直線と思えば円を描いて、

振り回してきたかと思えば突き刺すように、

右脚が来るかと思えば左脚が、

その変化は多様で、とても先を読む事は出来ない。

封は顔を狙ってきた蹴りを躱そうと身を反らした。

その瞬間に蹴りは急降下し、封の膝を砕こうとする。

どうにか片足を上げて避けると封は必死の体で飛び退いた。

『な…なんなのよあんた…化け物じゃないの…?』

怖れの混じった本心だった。

今まで戦闘において化け物と呼ばれてきたのは断と封の方であった。

ゆるりゆるりと動き、触れるだけで相手の命を奪う二人にその呼び名は相応しい。

だが

この邪衆院 天空という男は全く逆の『化け物』だった。

相手に反撃の隙を与えないほどの攻撃量と速さ、そして破壊力。

忍びの世界でも比類ない、と封は思う。

『な、なんで…』

断がうわずった声を出した。

天空は動きを止めて、不思議そうな顔で断を見た。

『なに?どうした?』

『なんでおまえみたいな凄腕がイバラキの下にいるんだよ!』

断は知らず知らず敵を称賛している。

封も続いた。

『あんたなら天下獲れるんじゃないの?』

冗談のつもりだろうが、それだけとも思えない口調だ。

それを聞いて天空は大袈裟に笑った。

『あぁ~、それは無理無理!だって…』

断と封は天空の言葉を待った。

天空は二人に向かっておどけた仕草を見せ、

『俺、イバラキ様には敵わないからさぁ』

と言った。


断と封の表情が凍った。

二人が知るイバラキの腕前は決して一角衆を凌駕するようなものではなかったのだ。

いつの間に…

二人がかりで全く歯が立たぬ邪衆院 天空。

その天空をも上回るという幻龍イバラキ。

封は

『…嘘でしょ…』

と呟く事しか出来なかった。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

武装代表・内野

Author:武装代表・内野
福岡・久留米を中心に、九州全域で活動している『アトラクションチーム武装』の代表です。

1972年生まれ。
1990年にキャラクターショーの世界に入り現在に至る。

2007年に武装を設立。

武装の活動内容は殺陣教室、殺陣指導、オリジナルキャラクターショー等。

現在は関西コレクションエンターテイメント福岡校さんでのアクションレッスン講師もやらせてもらってます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード