fc2ブログ
2011-03-02(Wed)

アクションへの道(160)

テーマパークでのキャラクターショー、
僕がラストに表現したかったテーマとは…?


このイベントで僕が演じたヒーローは、あの、日本で最もメジャーな等身大ヒーローでした。

彼は孤独を隠し、苦痛を隠しながらも人間の自由の為に戦うヒーローです。

どれだけ応援されようと、どれだけ称賛されようと、もはや彼の身体は人との関わりを持つ事すら許されないのです。

彼が孤独と苦痛を背負いながらも無償で戦い続けるのは、それが唯一の

『絆だから』(by綾波)

かもしれません。

このヒーローを演じるにあたって、この部分は外せない所です。

もし彼がスポーティーに軽快に、カタルシスたっぷりに戦ったらファンは納得しないでしょう。

※通常の不特定多数向けのキャラクターショーならそういう側面も必要です。
しかしながらこのイベントは『好きな人が観に来る』要素が強かったのです。

そこで僕は、彼が怪人を倒し、観客に別れを告げて去って行くシーンにかなりの時間を費やしました。

最後の台詞を言い終わると、くるりと踵を返し客席に背中を向けてゆっくりと歩いて去って行きます。

少し進んだ所で立ち止まり、少しだけ振り向きます。

観客達を見つめてから一瞬の間を置いて深くうなずき、疾風のように走り去って姿を消します。

この芝居にはどんな意味合いがあるのでしょうか。


怪人を倒した彼は、本当は観客達(子供達)と一緒にいたい。

でも自分の宿命がそれを許さない。
立ち去らなくてはいけない。

分かっている、早々に去らねばならない事は分かっている。

彼は後ろ髪を引かれながら歩いて行きます。

しかし内心は

『なぜ俺がこんな孤独を、ツラさを背負わなければならないんだ!?いっそ戦う事を捨てて、人々の元に…』

と揺れています。

葛藤の末、彼は振り向き、人々を見つめます。

その表情に、

『俺が戦いをやめたら、誰があの笑顔を守るんだ?そうだ。これでいいんだ。みんなの笑顔の為に、俺は戦い続ける』

と新たに誓い、子供達を安心させるように

『君達は俺が必ず守るから』

とうなずいて、

そして迷いを振り切るように走り去るのです。

実際にお客さんに伝わったかどうかはともかく、僕は『去る』シーンにキャラクターの心情を込めました。

人によっては

『なんでそんなジメジメした演出にするの!ヒーローショーなんだから、スカッ!と終わって拍手っ!ってなった方がいいじゃん!』

って意見もあると思いますが…


もちろんそれがヒーローショーの王道だと思います。

でも、子供向けだからって、王道だけじゃダメなんです(…と僕は考えます)。

僕が観客に(特に子供達に)残したかったのは『爽快感』ではなく『ある種のやりきれなさ』。

『切なさ』と言ってもいいでしょう。

ヒーローは強い、カッコいい。

でも、人は戦う時、必ず何かを背負っているんです。

キャラクターショーは人生の縮図です。

悪役というのは押し寄せる不条理です。

ヒーローとは、人生の荒波に翻弄されて、それでもあきらめない人間です。

綺麗事で済まない苦難が無差別に襲いかかって来る人生、

それに何度も叩きのめされて、それでも誰かの為に、何かの為に、そして自分の為に戦いを挑む強さ、
その素晴らしさ。

アクションやストーリーを通して、それを伝えるのがキャラクターショーなんです(…と僕は考えます)。

『ヒーローは頑張った。だから僕も頑張ろう』

『ヒーローは耐えた。だから僕もツラくても耐えよう』

そう思ってもらえる事こそキャラクターショーの醍醐味じゃないでしょうか。

だから僕は、あえて『やるせなさ』を伝えたかったんです。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

No title

ここ難しいですよね。「こだわり」って言葉で片付かない「熱意」とも違う「思い入れ」と言うか。全体の世界観まで影響するところですからね。大事にしたい気持ちはよくわかります。僕らもできるだけリアリティを大切にしたいと思っています。無いんだけど「ひょっとしたらあるかもしれない」と思ってもらえるくらいまでには・・・。
そもそも「ヒーロー」って、見た人が「あいつはカッコイイ」と思える生き方や戦いを見せた人に対して「評価の言葉」として言ってもらえることだと思っているもので、自分で周りに「オレはヒーローだ。」と言っているキャラクターにはどうも抵抗があるんですよね。団体それぞれの価値観や世界観があるので、あくまでも個人感覚ですが・・・。
ショーが終わって記念写真撮影になると、戦って倒したはずの相手が、ヒーローと一緒に出てきて子どもたちと写真撮ってるっていうのは、僕らの世界観では絶対あり得ないです。リアリティって、そういう些細なところで生まれたり死んだりすると思うんで、王道のショーをやってもなぞってこなすだけよりも、目に見えない小さな積み重ねをいかに積み上げているか、そこに至る「何か」を持って臨むのでは全然伝わるものが違うと思います。違うと信じてます。

>dragonmacさん

いつもコメントありがとうございます!

dragonmacさんのブログにもコメントしたいなぁなんて思いつつ、僕なんかがしていいものかいつも悩んでしまいます(笑)

チームによって、人によって考え方が違うので難しいところではありますね。

絶対的な正解はないでしょうし、でもどこかのチームがとんでもない事をやってたら他のチームも同じように見られたりするし…

ウチもヒーローヒロインと悪役が一緒に撮影会ってのはナシです。

結婚披露宴などのほんわかしたショーの時は最後に悪役が反省して仲直り…という流れでやっちゃったりもしますが。

ウルトラセブン放映当時のショーだと、ショーが終わってセブンの背中から上西弘司さんが出てきたりしてたみたいですね。

後楽園の仮面ライダーショーではライダー&怪人が勢揃いしてのサイン会とか。

時代によって許容されるものも変わってくるのかもしれないですけど、自分の中にあるこだわりや信念は大切にしていきたいですね。

こちらこそ、ありがとうございます。

僕のブログなんて、そんな大したブログではありませんから、お気になさらず。教育実習を3日でクビになったとか、二宮金次郎の銅像の背負ってる荷物に唐草模様の風呂敷をかぶせたばかガキ時代の話とか・・・。
セブンからアクターさんが!?それは大事件ですね。もちろんいろんな条件が整った上でのことでしょうけど。東映の作品でそれがやれたのは、仮面ライダーの藤岡弘、さんと宇宙刑事ギャバンの大葉健二さんだけかも・・・。スーツアクターの心得として、絶対やってはいけないことと、その大葉さんから直接教えていただきましたけど、幸いなことに僕はスーツアクターではないもので、「なぜやってはいけないのか」まで丁寧にお教えくださったのですが、「なるほど!そうですねぇ。」と共感したきり、その教えを活かすことが無いところでずっといます。僕はキャラショーチームの文化部ですから。
でも、大葉さんやそのお弟子さんと関わることができたおかげで、代表のおっしゃる(ブログに書かれてらっしゃる)ことが、なんとなくでも理解できる、共感できる、と思えるのが嬉しいんです。

>dragonmacさん

いえいえ!
話題も豊富で考えさせられる事もあって。
時々恐縮しながらコメント書かせていただきますね♪

僕の意見なんかは本当に独学の素人考えのようなものですから…。

大葉さんのように第一線で活躍されていた『本物のプロ』のお話が聞ける事が羨ましいです。

そしてそれを時折垣間見る事が出来るdragonmacさんのブログが楽しみです♪
プロフィール

武装代表・内野

Author:武装代表・内野
福岡・久留米を中心に、九州全域で活動している『アトラクションチーム武装』の代表です。

1972年生まれ。
1990年にキャラクターショーの世界に入り現在に至る。

2007年に武装を設立。

武装の活動内容は殺陣教室、殺陣指導、オリジナルキャラクターショー等。

現在は関西コレクションエンターテイメント福岡校さんでのアクションレッスン講師もやらせてもらってます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード