FC2ブログ
2011-01-22(Sat)

アクションへの道(153)

これまでも何度か書いてきました、僕の弟の話です。

僕がショーを始めたのは一番下の弟が3歳の時。

なので弟は、戦隊物などに興味を持ち始める年齢にはすでに

『ヒーローの中身は人間』

という事を知っていた事になります。

…まぁ3歳なのでハッキリとした自覚はなかったでしょうけど。

それでも一般家庭の(?)子供達とは明らかにショーの見方が違いました。

(何度か書いたエピソードですが)

彼が6歳の時だったか、僕が出演しているショーのビデオを観ながら言いました。

『この戦闘員は本物?』

自分がショーに入っている事を弟に公言していた僕ですが、さすがに胸を張って

『にせものだよ!』

とは言えません。

戦闘員は本物だと答えました。

すると弟は

『でもイエローは兄ちゃんやろ?どうして兄ちゃんと本物の戦闘員が戦いよると?』

上手い説明が出来ずに僕が口ごもっていると。弟は『う~ん』と考えた末にこう言いました。

『そうか!チームが人手不足だから、本物の戦闘員に助っ人に来てもらったんだね!』

…この発言に、僕はかなりの衝撃を受けました。

彼の中で現実と虚構が入り交じって、(子供ながらに)自分が納得のいく答えを見出していたからです。


そして1997年。

僕は近所のホテルのクリスマスディナーショーに母と弟を連れて行きました。

後輩達の戦隊ショーがあったからです。

チケット代はけっこうかかりましたが、弟がショーを楽しんでくれている間に色々と観せてあげたかったのです。

この時、弟は10歳。

他の子供ならキャラクター物は卒業してる年齢かもしれませんが、彼はまだショーを楽しんでくれていました(兄がアクターを演っているというのが影響していたのかもしれませんが)。

ショーが終わって、僕は弟に『どうだった?』と訊きました。

弟は

『ピンクとイエローの声は逆が良かったね』

と答えました。

僕は『子供らしい答え』も聞きたかったのですが、彼ならではの『マニアックな答え』も期待していたので

『なるほどな~』

とうなずきました。


僕が弟に学んだ事の一つは、

『子供がショーを楽しんでいるからといって、純粋に全てを信じ切っているワケではない』

という事です。

もちろん少数派かもしれません。

でも、(子供にとって)例え本物でないとしても、キャラクターショーには子供達を喜ばせるパワーがあると思ったのです。


もちろん演る側は『本物と信じ込ませる』事を大前提として臨むべきです。

でも、観る側には観る側の心理がある。

ファスナーがあろうが顔が見えようが声が聞こえようが、それでも熱中して観てる子供がいるのです。

僕はそう考えて以来、

『テレビとショーは別物』

と、強く思うようになりました。


テレビと違ってショーは

『にせものだとバレる可能性』

がある。

そして

『にせものだとバレていても楽しませる力』

がある。


アクター側にも色んな意見があると思います。

でも僕は、『信じ切っている子供』だけを対象にしたショーよりも、『にせものだと知っている子供』も視野に入れたショーをした方が、幅が広がりそうな気がするんですよねぇ。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

武装代表・内野

Author:武装代表・内野
福岡・久留米を中心に、九州全域で活動している『アトラクションチーム武装』の代表です。

1972年生まれ。
1990年にキャラクターショーの世界に入り現在に至る。

2007年に武装を設立。

武装の活動内容は殺陣教室、殺陣指導、オリジナルキャラクターショー等。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード