fc2ブログ
2024-02-17(Sat)

ヒーローについて語ると敵を作ってしまう


ヒーローとは何か?

これは僕の中での長年の課題です。



テレビの中のヒーローではなく、あくまで自分がオリジナルのヒーローを作ろうとするなら、ってだけの話ですよ。


が、これを語っても理解してもらえる事はほとんどないし、語れば語るだけ敵を増やすだけなのであまり語れません。

それでも、需要の無さを自覚した上であえて言うなら、

ヒーローは結果論

なんだと思います。

行動の結果ヒーローと認められる。呼ばれるようになる。

最初からヒーローとして誕生する事は出来ません。

チャンピオンと同じです。

チャンピオンは試合などの戦いで勝ち抜いて優勝したからチャンピオンです。

試合をする前からチャンピオンを名乗る事は出来ません。

「今大会で勝ち抜いて優勝したチャンピオンです!」

と紹介される事はあっても

「今大会に初参加で初めての試合という事ですが自信のほどはいかがですか?チャンピオン」

と紹介される事はありません。

ヒーローも同じで

「こういう活動が認められて世間からヒーローと呼ばれてますね!」

と紹介される事はあっても

「誕生したばかりですがこれからどんな活動をしていく予定ですか?ヒーロー!」

と紹介されるのはおかしな事です。

もちろん「ヒーローに相応しい活動をしていく予定だからその時点でヒーローに相応しいだろ!」って思われる方もいるとは思いますが。

チャンピオンと違って大会につき一人ってわけじゃないですしね、ヒーローは。

何人いたってかまわないのがヒーローです。

なのでこの「チャンピオン≒ヒーロー」という例えでは不足してるなぁと常々考えていて、

昨日自分の中でしっくり来る例えを思いつきました。

それは

「ヒーロー=徳」

というものです。

何かしらの徳を積んだ結果ヒーローとして認められるようになるのではないかという考えです。

人を助ける、人を喜ばせる、社会に奉仕する。それらは徳ですからね。
これなら自分の中のヒーローの定義も落ち着きそうです。

ただし、

徳というのは無自覚なものに限る

とも思っていて、

「さぁ、今から徳を積む為に良い事をするぞ〜!」

とか

「今日は良い事をしたな!これで俺の徳も爆上がりだ!」

なんて考えてたらそれは徳ではなくなってしまいます。

無自覚に当たり前に行動した結果、周囲が一方的に

「あの人ってヒーローだよな」

と噂する。

そのぐらいがちょうど良いと思うのです。

僕の好きな「Jeepta」の『理想郷』という歌に

「築き上げたその地位に気付きもせず形にとらわれない、たくまし人へ

高め上げた名声もかなぐり捨てて正々堂々立ち向かう、美し人へ」

という歌詞がありますが、

この「たくまし人」「美し人」こそがヒーローではないかと、

そんな風に思っています。

なのでなかなかオリジナルヒーローというものを作る事が出来ないんですよね僕は。










はいまた反感買った〜。
嫌われる〜。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

武装代表・内野

Author:武装代表・内野
福岡・久留米を中心に、九州全域で活動している『アトラクションチーム武装』の代表です。

1972年生まれ。
1990年にキャラクターショーの世界に入り現在に至る。

2007年に武装を設立。

武装の活動内容は殺陣教室、殺陣指導、オリジナルキャラクターショー等。

現在は関西コレクションエンターテイメント福岡校さんでのアクションレッスン講師もやらせてもらってます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード