fc2ブログ
2023-10-08(Sun)

台本も小道具も捨てられて


昨日は早朝からの仕事を終えて、舞台の稽古に向かいました。
20231007城島フィルタンス稽古A

20231007城島フィルタンス稽古B

稽古が終わって帰る前に、演出家さん、共演者さん、共演者の保護者さんと4人で雑談。

その中には台本や小道具の事なども。

僕が初めて台本を書いたのは中学時代の自主映画でしたが、多くの人の目に触れる作品を書いたのはキャラクターショーを始めて半年ぐらいの時。

当時の戦隊ショーの台本でした。

それまでに観てきたショーや自分達がやっていたショーを参考にして見様見真似で書いたものでしたが、

社員に提出して30分後ぐらいには捨てられてました。

誤字があったのを思い出して書き直そうと社員の所に行ったんですが

「捨てた。あんなもん使えん」

とだけ言われて返却もなかったので修正も出来ませんでした。

まぁどんな出来でも使う気はなかったんでしょうけど、こっちも「てめぇ今に見てろよ!」って闘志が湧きましたし、台本を書きたいという僕の熱意は伝わったと思うので結果オーライです。

その半年後に書いた台本は採用してもらいましたしね(かなり手直しされたけどな!)。

小道具に関しては入って1年目ぐらいの時に

「今年のヒーローが使う銃を3つ、出来れば9つ作ってくれ」と言われて、

そんなんどうやって作るかも分からないし材料も支給してくれないし材料を買うお金もくれないし貧乏で自腹も切れなかったし。

それでも締め切りまでに造らなきゃ!と頑張って造った結果、

「捨てたぞ。あんなもん使えん。う◯この方がまだ使える」

と言われましてね。

まぁ確かにそう言われても仕方のないシロモノでしたけど、

すごく悔しかったですね。

何週間も頑張ったし家賃とか払えないぐらい自腹切ってたし。

その時も会社に対して「てめぇこの野郎、今に見てろよ!!」と憤慨しましたが、

今になってみればそれが今の自分に繋がっています。

今の自分に繋がってはいますが、これは単に自分が努力して繋げただけであって会社に感謝もしてないし許してもいません!!


ただこれを教訓として若者達に伝えたいのは

「頼まれた事や命じられた事だとしても、一生懸命の結果が必ず認められるとは思わない方がいいぞ!」

って事ですね。

何度も挫折してトライ&エラーを繰り返してようやく認めてもらえるものが出来るんです。

「やってみたけど認めてもらえんかった!あーもうやってられるかー!」

ってやめてしまうようじゃ成長はないし、「一生懸命やってくれたから仕方ないか」って認めてくれる感興でも成長はありませんね。

世の中はそんなに優しくも甘くもないです。


ここから告知

城島こどもフェスティバル
『フィルタンス 〜契約の娘〜

城島フィルタンスチラシA

2023年12月3日(日)
開場13:30 開演14:00
久留米市城島総合文化センター インガットホール
チケット前売り(自由席)こども500円 高校生以上1000円
(当日券+500円)
城島フィルタンスチラシB

子供達が主役のファンタジーです(ダークファンタジーかも?)。

僕は村長の役で少しだけ出演してます。

会場まで、車じゃないと行きづらいのが玉にキズです。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

武装代表・内野

Author:武装代表・内野
福岡・久留米を中心に、九州全域で活動している『アトラクションチーム武装』の代表です。

1972年生まれ。
1990年にキャラクターショーの世界に入り現在に至る。

2007年に武装を設立。

武装の活動内容は殺陣教室、殺陣指導、オリジナルキャラクターショー等。

現在は関西コレクションエンターテイメント福岡校さんでのアクションレッスン講師もやらせてもらってます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード