fc2ブログ
2023-09-16(Sat)

ヒーロー番組は現実問題の比喩、だと思う。


本日はKCE(関西コレクションエンターテイメント)福岡校でのアクションレッスンでした。
20230916KCE

参加者は2人。

1人は初参加でしたがやる気もあってセンスも良くて期待大でした!

これからも来てくれたらいいな。

もう1人はいつも来てくれてる方。

こちらが要求する事にはほとんど応えてくれます。

こういう慣れた方がいてくれると他の方がお手本に出来るし刺激にもなるし、何より僕が助かるのでありがたいですね♪

今回は慣れた方がシン、初参加の方と僕がカラミで刀の立ち回りをやってみました。

初参加の方が入ってるとは思えないぐらい良い立ち回りでしたよ。

シンも手応えを感じたみたいです。

カラミに勢いがあるとシンも気持ちが乗りやすいというのを実感してくれてたら嬉しいな。



そういえばウルトラマンブレーザー、

先週も良かったけど今週も良かったですね。

先週と今週では「良い」のジャンルが違いますけど。

※東映作品は数年前に完全卒業したんですがウルトラマンはたま〜に観るんですよ。

やっぱりね、

「怪獣=悪なのか?」

というテーマってこれからも大切にしてもらいたいですよね。

初代ウルトラマンで、ジャミラ回やシーボーズ回、スカイドン回、ガヴァドン回にグッと来た少年だったので今回もやはりグッと来ちゃったんですよ。


僕はヒーローショーの台本も書いてたのでその立場で思うんですけど、ヒーロー番組って「現実の比喩」だと考えてるんです。

例えば環境問題とか差別に関する問題とかイジメとか、

そういった現実で直面している問題をファンタジーというフィルターを通して子供に届ける為のジャンルじゃないかと。

怪獣があらわれる→攻撃

怪獣というだけで攻撃対象にしてしまうのか?

怪獣が街や人を襲うかもしれない→攻撃

可能性だけで攻撃排除してしまっていいのか?

もちろん人が住んでる地域に被害をもたらしてしまうなら攻撃して排除しなくちゃいけないんだろうけど、これだけあちこちに人間が暮らしてたら怪獣はどこに出現すればいいのか?

怪獣が人間社会に被害を与えずに暮らせる場所は確保されているのか?

なんて考えたら、人里におりてきて作物を荒らして駆除されるクマやシカやイノシシなんかにも通ずるところがあると思います。

他にも色々考えちゃうけど、

そういう話が子供の心に残れば親子で現実問題の話もしやすくなるかもしれないし、子供が大人になってから自発的に考えてくれるかもしれない。

そういうきっかけを与えてくれるのがヒーロー番組なんだと、

勝手に考えています。

スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

武装代表・内野

Author:武装代表・内野
福岡・久留米を中心に、九州全域で活動している『アトラクションチーム武装』の代表です。

1972年生まれ。
1990年にキャラクターショーの世界に入り現在に至る。

2007年に武装を設立。

武装の活動内容は殺陣教室、殺陣指導、オリジナルキャラクターショー等。

現在は関西コレクションエンターテイメント福岡校さんでのアクションレッスン講師もやらせてもらってます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード