fc2ブログ
2023-09-10(Sun)

力を入れず、あたかも力を入れたかのように


昔キャラクターショーで肋骨にヒビが入った事があります。

怪人役をやっていて、レッドに壁に叩きつけられてヒビが入ったんです。

レッドが怪人に激昂して掴みかかるシーンでした。

お芝居に気持ちが入り過ぎて実際に力が入ってしまったんでしょうね。

僕自身が書いた台本でレッドに感情移入してほしいと思っていたシーンだったので、痛かったけど作者冥利に尽きましたね。

そんな感じで、芝居に力が入り過ぎた結果、実際に力が入ってしまう事ってあるんです。


9月7日(木)の福岡殺陣練習、

立ち回りで同じ事がありました。

シンがカラミの腕を掴んで放り投げるという手で、シンが力を入れ過ぎてカラミが転倒してしまったんです。

シンは大人、カラミは小学生で力の差もあったんですね。

立ち回りの設定は、戦いを楽しんでいるシンが弱いカラミを執拗に追い詰めているものだったのでシンは余計に力が入ったのでしょう。

実際に力が入ってしまうほど感情移入するというのは素晴らしくもありますが、やはりベストは

「実際は力を入れず、あたかも力が入ってるような芝居をする」

ですかね。

本当に力を入れてしまうとお互いの怪我につながるかもしれないので。

今回も怪我こそしてないものの、けっこう痛そうにしてました。

でもその小学生、痛みに耐えて最後まで立ち回りをやりきってましたよ。

本当に偉い。成長しました。


その立ち回りの動画です。


前半は上記の立ち回り、後半は代表がお手本を見せているところです。

スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

武装代表・内野

Author:武装代表・内野
福岡・久留米を中心に、九州全域で活動している『アトラクションチーム武装』の代表です。

1972年生まれ。
1990年にキャラクターショーの世界に入り現在に至る。

2007年に武装を設立。

武装の活動内容は殺陣教室、殺陣指導、オリジナルキャラクターショー等。

現在は関西コレクションエンターテイメント福岡校さんでのアクションレッスン講師もやらせてもらってます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード