fc2ブログ
2010-11-16(Tue)

小説・さやか見参!(7)

『さやか、あんな遠くから足音が聞こえたぞ。気をつけなきゃ駄目だろう』

『隠さなかっただけよ。どんなに気をつけてもおにいちゃんには聞こえちゃうもん。私、無駄な事はやらないの~』

幼くても女は弁が立つ。

『…まったく…朝の修行は終わったのか?真面目にやってきたんだろうな?』

『あったりまえじゃない!おにいちゃんがいつも言ってるもん。一生懸命修行しなきゃ立派な忍者になれないって。』

『そうか。さやかは偉いな』

『でも…正直、他の子達に合わせてると退屈しちゃう。わたしはおにいちゃんとの修行が一番楽しいもん』

さやかは兄の事が大好きだ。

兄として、人間として、そして忍びとして尊敬している。

いずれはたけるのような忍びになりたい、と思っている。

それゆえさやかは人一倍、いや並の忍者の何倍も修行に励んだ。

そもそも同じ山吹の忍びとはいえ、さやかはただのくのいち。
たけるはと言えば次期頭領なのである。

求められる技量が違う。
よって修行の厳しさもまるで違う。

おそらく並の忍びならばたけるに付いて行く事さえままならぬだろう。

それほどの修行を平然とやってのけるたけるの凄さを知る者は少ない。

本来修行の内容は他人に明かすものではない。
手の内を盗まれぬ為に隠さねばならないのだ。

己の技を知られる事、それが死につながる事は多い。

たけるの厳しい修行も当然余人の知るところではなかった。

ただ、さやかは全てを知っている。

たけるのようになりたいと願うさやかは、己の修行とは別にたけるの手ほどきを受けていた。

教え始めて2年。
さやかの技量は他の子供達を遥かに引き離していた。

最初は妹をあやすつもりで教えていたたけるだったが、自分の技をみるみる吸収していく幼い妹に驚愕を覚えたほどだ。

さやかは厳しい修行でも弱音を吐く事はない。

しかし喜怒哀楽は激しく、楽しければ笑い、悔しければ泣き、仲間とケンカになれば声をあげて怒った。

たけるはそれを見て安心していた。

さやかには、子供らしい、人間らしい感情がある。

それが嬉しかった。


2人の母親は、さやかが1歳にもならぬ頃に失踪している。

何があったのかを父が語る事はなく、たけるにも真相は分からない。

だがそれからは、たけるが母親代わりとしてさやかを育てた。

たけるにとってさやかは『妹』であり『我が子』でもあるのだ。

忍びの道という厳しい環境の中で我が子が感情を失っていない事に―
むしろ人よりもそれが豊かな事に、たけるは喜びを覚えていたのだ。

一流の忍びともなれば自らの感情を表に出す事は許されない。
いや、心中の揺らぎさえあってはならぬ事だろう。
当然たけるとてそう教えられてきた。

しかしたけるは喜怒哀楽の全てを消す事が出来なかった。

『喜』と『楽』。
この2つに関しては殊更、である。

かつて、さやかが産まれてすぐ―

母親の腕に抱かれたさやかを見て目を細めるたけるに、父、武双は言った。

『たける、心を動かしてはならんぞ。赤子ゆえ可愛い、妹ゆえ愛しい、そう思ってはいかん。可愛いければ、愛しければ守りとうなる。守りたいという気持ちは判断を鈍らせる…』

たけるは一瞬神妙な顔になり、武双の顔を真似てしかめっ面になった。

だが、
再び妹に目をやると―
そのいかめしい表情は一瞬で崩れた。

『無理です父上!やっぱり可愛いものは可愛いですよ!』

そう言って、蕩けんばかりの笑顔で妹をあやす兄の姿に母は微笑み、父はうなだれたのだった。

このような兄に育てられたからこそ、さやかも感情豊かなのかもしれない。

『おにいちゃん!もうお仕事は終わったんでしょ!?修行しよ!…あれ教えてよ!水に潜るやつ!』

『あぁ、残念だけどな、仕事、あと少し残ってるんだ』

『えぇーっ!もう終わってると思って急いで帰って来たのに!じゃあ急いで終わらせて!』

頬をふくらませてワガママを言う姿はやっぱりただの子供だ。

『分かったよ。言われなくても急いでやらなくちゃいけないんだから』

『いま休憩してたくせに』

『少しだけだよ』

『おにいちゃんが休まないように隣りで見張ってるからね』

『見張りがなくったってちゃんとやるよ』

『だ~め』

『はぁ…分かったよ。でも集中してやりたいから邪魔はしないでくれよ』

『邪魔なんかしないよー!隣りでお話するだけ!!』

『それが邪魔なんだけどなー…』

妹に振り回されっぱなしのたけるであった。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

すてき

読んでるときにさやかの声が聞こえる~

母親が怪しいな~
話しのキーになりそうなり…

>DA1

ふふふ…君がいなくなってから話は進んでいるのだよ♪
プロフィール

武装代表・内野

Author:武装代表・内野
福岡・久留米を中心に、九州全域で活動している『アトラクションチーム武装』の代表です。

1972年生まれ。
1990年にキャラクターショーの世界に入り現在に至る。

2007年に武装を設立。

武装の活動内容は殺陣教室、殺陣指導、オリジナルキャラクターショー等。

現在は関西コレクションエンターテイメント福岡校さんでのアクションレッスン講師もやらせてもらってます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード