fc2ブログ
2010-09-23(Thu)

+α (2)

最近はキャラクターショー業界でも本家(テレビの)スーツアクターさんの動きを重視する人が増えました。

テレビを観て動きを研究し、それをショーで再現する。

それは並々ならぬ努力ではないかと思います。

しかし…

それは本家スーツアクターさんの『ある一部分』だけを捉えた非常にもったいない努力だと思うのです。

つまり、

『再現のもう1つ先がある』

って事です。


もし、Mr.仮●ライダーこと高●成二さんが、テレビではなくキャラクターショーでライダーを演じたなら…

おそらく、テレビとは違う舞台用のアクションを見せてくれるのではないでしょうか?

普段テレビで伝えてるものを舞台用に変換してくれるハズ。


スーツアクターさんが視聴者や観客に伝えたいのは、
『自分の動き』
ではなくて
『キャラクター』
(外見とかじゃなくて、その人物の性格、人格など)
だと思います。


だとしたら、『動き』自体は『表現の為の手段』って事でしょう。


『テレビの再現』を目指してる人の多くは、この『動き』の再現がゴールになってるんじゃないかと。


つまり、手段たるべき『動き』を目的と履き違えてるんじゃないかと。

そんな風に思う事があるんです。


そーゆー『惜しい』アクターさんのショーを観ると、

『あぁ…この人はヒーロー番組が好きなんだなぁ。よく研究してるなぁ。』

という感想しか持てなかったりします。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

武装代表・内野

Author:武装代表・内野
福岡・久留米を中心に、九州全域で活動している『アトラクションチーム武装』の代表です。

1972年生まれ。
1990年にキャラクターショーの世界に入り現在に至る。

2007年に武装を設立。

武装の活動内容は殺陣教室、殺陣指導、オリジナルキャラクターショー等。

現在は関西コレクションエンターテイメント福岡校さんでのアクションレッスン講師もやらせてもらってます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード