fc2ブログ
2010-08-31(Tue)

アクションへの道(81)

ステージ中央で、ヒーローと怪人が額をつけんばかりに睨み合い…


後輩から『要らない!』と言われてしまった演出ですが、僕は切って捨てられるような駄演出だとは思っていません。

後輩の批判ももっともだし、僕のやり方にも一理あるからです。

本来、演者のテンションなんて観客には関係ありません。

テンションが高かろうが低かろうが、具合いが良かろうが悪かろうが、ステージでは常に一定のクォリティを提供するのがプロです。

だとしたら、

『演者同士のテンションの高め合いはステージ裏でやれ』

という後輩の理屈も正論です。

…でも人間は機械じゃないからねぇ。



ある程度のキャリアを積んだアクターは、テンションを自在にコントロールすべきだと思う。

逆に、それが出来ないアクターの経験値なんて知れている。


しかし…


いいじゃないか、
はじめての主役だもの
      みつを


僕の勝手な持論ですが、アクターのテンションには2種類あると思うんです。

1つは、アクター個人のテンション。

例えば僕、内野武が

『よ~し!今日もやるぞ~!いいショー見せるぞ~っ!!』

というもの。

そしてもう1つは、役としてのテンション。

僕が演じている怪人の

『よ~し!やるぞっ!今日こそヒーローを叩きのめしてやるぞ!!』

ってテンションです。


厳密にはこの2つ、かなり密接な関係にあり、個人のテンションで役のテンションをコントロールしたりするワケですが、初めてヒーローに入る若者にはそこまでの理解は無理でしょう。

『役を降ろすにはまだ技量が足りない。
だから役に入り込め!!』

そーゆー気持ちでの演出なのでした。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

武装代表・内野

Author:武装代表・内野
福岡・久留米を中心に、九州全域で活動している『アトラクションチーム武装』の代表です。

1972年生まれ。
1990年にキャラクターショーの世界に入り現在に至る。

2007年に武装を設立。

武装の活動内容は殺陣教室、殺陣指導、オリジナルキャラクターショー等。

現在は関西コレクションエンターテイメント福岡校さんでのアクションレッスン講師もやらせてもらってます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード