fc2ブログ
2010-07-30(Fri)

アクションへの道(71)

熱々だったカンフー戦隊の後を受けて始まった忍者戦隊…

しかし、前年の熱さを引きずっている者達には、忍者戦隊の『ゆるさ』は耐えられなかったようで…


この年に僕が書いたショーパッケージの台本はテレビに則した内容でした。

敵を倒すべく5人の戦士が集められるが、チームワーク皆無、使命感ゼロ。

戦いを放棄する戦士あり、
逆に自分の力を誇示しようとスタンドプレイに走る戦士あり、

当然ながら5人はピンチに陥っていき、力を合わせなければ敵に勝てない事を悟るのだった…


簡単に言うとこんな内容でした。


さて、実際にショーが行われて、現場から帰ってきた先輩は僕に言いました!

『内野!なんや!?あのパケ(ストーリー)はぁ!!』

『えっ!?何か問題がありましたか!?』

『ショーが終わって、子供が俺(レッド)に何て言ったと思うや!?
カッコ良かった!でも凄かった!でもなくて、

もうケンカしないでね

って言われたんやぞ!
そんなヒーローがおるかぁ!!』



…それを聞いて僕は内心

はぁっ??

と思いました。

その子供はショーのメッセージをしっかりと受け止めてるじゃないか。

仲間と力を合わせなかったから負けそうになったんだよ。

みんなと力を合わせなきゃピンチを乗り越えられないよ。

大切なのはチームワークだよ。


自らの姿を通して大切な事を子供達に伝えるのがヒーローのハズ。

そしてそれがしっかりと伝わっている。

その子の心にはチームワークの大切さが刻まれたに違いない。

その子の言葉は

『ちゃんとメッセージ受け取ったよ』

という証明に他ならない。

それを?

カッコいいと言われなかったからって?

凄いと言われなかったからって?

それで怒ってるベテランアクターがいる??

ははん!
ちゃんちゃらおかしいよ。

鼻で笑っちゃうね!


もちろんカッコ良かった、凄かったって言われたい気持ちは分かるよ。

ヒーローのカッコ良さや凄さを伝える事だって大事だよ。

でも本当に大事なのは、

『ヒーローはどうしてカッコいいのか』

『ヒーローはどうして凄いのか』

じゃないの?

ヒーローは、どんなに負けたって信念を持って立ち上がるからカッコいいんじゃないか。

ヒーローはケンカしたってそれを反省して謝る事が出来て、なおかつ許す事が出来るから凄いんじゃないか。

それは子供達が日常生活でぶつかる壁と同じだから、

『ヒーローだって負ける事があるんだよ、
ケンカする事があるんだよ、
でも頑張って立ち上がるんだよ、
勇気を出して謝るんだよ、
許してあげる優しさを持ってるんだよ、

俺達も頑張ってるからみんなも頑張ってね』


これを伝える事がヒーローショーの使命だと思うんです。

たくさんの敵をバッタバッタと倒すカッコ良さや、華麗にバク転を決める凄さ、それは時として

『あれはヒーローだから出来るんだもん…
僕は普通の子供だからあんなに強くなれないよ…』

って気持ちを生み出してしまいます。

もしあなたに子供がいるとして、
その子がくじけて泣いているとして、
敵をカッコ良く蹴散らすヒーローの姿を見せて

『ほら!ヒーローは強いだろ?お前もあんな風に強くなれよ!』

と言うのか、

ケンカして、負けて、みんなが手を取り合って立ち上がって、必死に敵を倒したヒーローを見せて

『ほら、ヒーロー達だって負けても負けても頑張っただろ?お前も同じ様に頑張れるよ!』

と言うのか、
それは大きな違いだと思うんです。

色んな考え方があると思うけど、僕はそれを大切にしたい。

子供達に向けたヒーローショーは、メッセージを内包したエンターテイメントであるべきだ。


その一件以来、その先輩に対する見方が変わったのは言うまでもない。


ショーはやる側のものじゃない。

観てる子供達のものだ。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

武装代表・内野

Author:武装代表・内野
福岡・久留米を中心に、九州全域で活動している『アトラクションチーム武装』の代表です。

1972年生まれ。
1990年にキャラクターショーの世界に入り現在に至る。

2007年に武装を設立。

武装の活動内容は殺陣教室、殺陣指導、オリジナルキャラクターショー等。

現在は関西コレクションエンターテイメント福岡校さんでのアクションレッスン講師もやらせてもらってます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード