fc2ブログ
2010-06-27(Sun)

アクションへの道(68)

1ヶ月以上書いてなかった『アクションへの道』。

衣裳製作に追われて更新出来なくて申し訳ないです…

前回は1993年のクリスマスについて毒を吐きまくりました。

今回から1994年に突入です。


1994年、正月。

正月も現場が連チャンで入る時期です。

この年の僕も、1日~5日まで戦隊のショーに入っていました。

…あれは何日でどこの現場だったのか…

イマイチ思い出せませんが、ちょっと遠い現場だったように思います。

僕らを乗せた車は暗い山道を走っていました。

運転しているのはスタッフさん。
助手席にはMCさん。

メンバーは大先輩を筆頭に8人。

総勢10名が現場を終えて山道を走っています。

連日のショー、そして翌日もショーが待っています。

実際全員の疲労はピークに達していました。

車内では、1人、また1人と眠りに落ちていきます。

翌日の体力を温存しておくのもアクターの仕事です。

普段はめったに現場で寝ない僕も、いつの間にか…



と、
突然大先輩の声が聞こえました。

運転しているスタッフの名前を叫んだのです。

その声で僕らは目を…


ガッシャアァァンッ!!

目を覚ますか覚まさないかの所に大きな衝撃が。

そうなんです。
疲れがたまっていたスタッフが一瞬眠りに落ちてしまい、前の車に衝突したのです。

どうやら2~3台の玉突き事故を起こしてしまったようです。

事後処理に当たるスタッフ。

僕らが乗っていたレンタカーは衝突部分が大破していました。

とりあえず車から降りて事務所に連絡。
すぐに社員さんが迎えに来てくれる事になりましたが、福岡市内から現地まで3時間ぐらいかかるようです。

暗い山道です。

何もない山道です。

時は正月、
凍えるような山道です。

最初はテンションを上げて乗り切ろうとしましたが、段々口数が少なくなっていくメンバー達…

ふと見ると、近くにシャッターの降りた酒屋さん(夜遅いので当然閉まってます)が。

僕らは意を決してシャッターを叩きました。

しばらくすると、『何事??』って顔をした老夫婦がシャッターを開けて下さいました。

『僕らそこで事故を起こしてしまって、福岡から迎えが来るのを待ってるんです。
寒くて凍えそうなので少しだけ暖を取らせていただけませんか??』


夜分に突然の(かなり迷惑な)申し出に、老夫婦は快くうなづいてくれました。

僕らは店内に出していただいたストーブを囲み、ようやく少し落ち着きました。

しかも、暖かい甘酒までご馳走になり、身体のみならず心までポカポカとしてきました。

何のお礼も出来ない我々は、せめてもの気持ちという事で戦隊ショーのサイン色紙を進呈し、記念撮影をしてから重々お礼を言って帰りました。

その時の写真、僕の手元にはありませんが、ご夫婦の素敵な笑顔が印象的でした。

やはり人柄は表情に出るんでしょうね。

僕もあんな笑顔が出来る人間になりたい。



アクションとは全然関係ない話でしたね。


※翌日、数人のメンバーが風邪でダウンした事は言うまでもありません。

皆さんも事故には気をつけましょう!
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

武装代表・内野

Author:武装代表・内野
福岡・久留米を中心に、九州全域で活動している『アトラクションチーム武装』の代表です。

1972年生まれ。
1990年にキャラクターショーの世界に入り現在に至る。

2007年に武装を設立。

武装の活動内容は殺陣教室、殺陣指導、オリジナルキャラクターショー等。

現在は関西コレクションエンターテイメント福岡校さんでのアクションレッスン講師もやらせてもらってます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード