fc2ブログ
2019-05-09(Thu)

小説・さやか見参!(283)

斜面を転がる心太郎の姿が消えた。
その先は切り立った岩場になっていたはず。
だとしたら心太郎はそこに落ちたに違いない。
普段の心太郎ならばなんの問題もないだろう。
だがあれほどの手傷を負って危機を回避出来るとは思えない。

「心太郎!!」

追おうとするさやかを一角衆が制する。
先ほどまで共闘していた炎兄弟や幻龍の者達も操られすでに敵の手の内にいる。

焦るさやかに紅蓮丸の炎が襲いかかった。
跳びのいたさやかに敵が次々と打ちかかってくる。
無数の刃をはじき返しながらもさやかは見逃さなかった。
炎に照らし出された血だまりを。
心太郎が転がった地面に残った大量の血の跡を。
あの小さな身体からこれだけの血が流れ出しているのだ。
早く、早く助けなければ。

「心太郎ー!」

さやかが絶叫した。

「どけ!どいて!どいてよ!!」

駄々をこねる子供のようにわめきちらしながらさやかはめちゃくちゃに刀を振り回した。

「心太郎が死んじゃう!!」

だがその狂乱の刃は血飛沫鬼と血塗呂によって軽々と跳ね返されてしまう。

「やべぇなぁ、あのガキ死んじまったかもしれねぇなぁ」

血飛沫鬼が楽しそうに吼える。
血塗呂も心から愉快そうな顔をしている。
二人ともさやかの焦燥が楽しくてたまらないのだ。
楽しさに比例して攻撃は熾烈を極め、さやかを軽々と崖から後退させた。
さやかは己の意思とはうらはらに心太郎から離されていく自分に絶望した。
自分の力では心太郎を助ける事が出来ない…!

「お願い、どいてよ!もうやめてよ!」

さやかの口から出るのはもはや忍びの事がとも思えない懇願でしかなかった。
だが戦場でそれを聞くような敵などいない。
ましてや相手は血飛沫鬼と血塗呂だ。
さやかの必死の訴えは逆に二人の加虐心に火をつけたようだった。

「いいねぇ!気丈な女の泣き叫ぶ顔ってのは!そそるねぇ!」

血飛沫鬼の刀が、血塗呂の鉤爪がさやかの身体を引き裂いていく。
しかも、あえて致命傷を与えないように、だ。
それら攻撃のひとつひとつが

「おまえには万にひとつの勝ち目もないぞ」

という言葉のようにさやかを追い詰めていた。
そして

どさり

やがてさやかは膝から崩れ落ちた。
次々と繰り出される攻撃で傷付き、戦う事はおろかもはや立ち上がる事も出来ない。
いや、限界はとっくに越えていたのだ。
この華奢な少女はただ気力と気迫で戦い続けていたのだ。
だが、それももう尽きた。
絶対に勝てないという絶望は全ての力を奪い取るのだ。

さやかは座り込んでぐったりとうなだれた。

「守れなかった…心太郎を守れなかった…」

そればかりをうわ言のように繰り返している。
全身から血が流れ出していた。
身体が、まるで自分のものではないように冷たく動かなかった。
でもきっと心太郎は、もっと冷たく、もっと動かなくなってるんだろうと思った。

「もう終わりかよ。もうちょっと遊びたかったなぁ」

血飛沫鬼と血塗呂が迫る。
きっと次はとどめを刺される。
仕方ない。
自分は忍びなのだから。
忍びには相応しい最期じゃないか。
私も、心太郎も。

さやかは、ふっと微笑んだ。


その時、突風が吹いた。
鋭い風はさやかをに迫る忍び達の間を吹き抜けた。
不思議な風だ、とさやかは思った。
血飛沫鬼と血塗呂も一瞬たじろいだように見えた。
自然を熟知し利用する忍びが、どのようなものであれたかだか風に驚くなどありえない事だった。
可能性があるとするならばただひとつ。

人工的な風。

忍びの術による風だ。

もしこれが術による風ならば…

突風が吹きぬけた後一瞬の間を置いて、一角の忍び達が一斉に倒れた。
全員がすでに絶命している。

「やっぱり敵かよ!」

血飛沫鬼が警戒する構えをとった。

風はゆるやかに渦を巻きながさやかの前で移動を止めた。
それはまるでさやかを守っているかのようだった。

「てめぇ…なにもんだ?」

血飛沫鬼が威嚇するかのように低い声で問いかける。
風はその問いに答えず、さやかに向かって

「さやか殿、よくぞ耐えましたな」

と優しい言葉をかけた。

いつしか風はやみ、そこには漆黒の忍びが立っていた。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

武装代表・内野

Author:武装代表・内野
福岡・久留米を中心に、九州全域で活動している『アトラクションチーム武装』の代表です。

1972年生まれ。
1990年にキャラクターショーの世界に入り現在に至る。

2007年に武装を設立。

武装の活動内容は殺陣教室、殺陣指導、オリジナルキャラクターショー等。

現在は関西コレクションエンターテイメント福岡校さんでのアクションレッスン講師もやらせてもらってます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード