fc2ブログ
2010-03-25(Thu)

強敵

物語を創っていると、いわゆる
『キャラが勝手に動く』
という状況にぶつかる事がある。

『キャラが勝手に動く』とはどういう事かというと、本来は物語の為に生み出されたキャラクターが性格をもってしまい、その個性を主張する、という事。

これは長所もあれば短所もある。

まず長所。

きっかけさえ与えればキャラクターが勝手にストーリーを進めてくれる。

作者が悩むまでもなく話が出来ていくのだから楽な事この上ない。

次に短所。

作者の意に反して登場人物が動くので、なかなか思い通りのストーリー展開にならない。


僕は今、これで悩んでいる。


『さやか見参!』の台本を書いていて気付くのだが、さやかイバラキ、この2人、だんだん性格が変わってきている。
さやか1

さやかのイバラキに対する意識が微妙に変わってきているので、それに影響されてイバラキも変わってしまったようなのだ。
プロフ用イバラキ

イバラキは、以前なら軽々しく吐けた憎々しい台詞を最近は言いたがらない。

逆に、そーゆー台詞を言ってる奴を見てると微妙な気持ちになるみたいで、演じるこちらとしても気を使う。

これは…

最初はヒールとして登場した海原雄山山岡士郎の超えるべきハードルに変化したのと同じようなものなのだろうか(出典『美味しんぼ』)


しかし作者としてはキャラクターに振り回されてばかりもいられないので、奴らをコントロール出来る環境を作り出さなければならない。


悪いけどな、作者は俺だぜ!



…な~んて言った日にゃ、

『な~によ!作者づらして偉そうに!私達をコントロール出来ないのは、あんたの力量が足りないんじゃないの~?』
さやか

と、さやかに罵られ、

『ふん、やれるものならやってみろ。仏に会うては仏を斬り、魔性に向こうて魔性を倒すが我がさだめ。我らを生み出した作者なれば、相手にとって不足なし!』
イバラキ2

とイバラキに凄まれる事間違いなしでしょうな。


2人とも、てごわいぜ…
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

武装代表・内野

Author:武装代表・内野
福岡・久留米を中心に、九州全域で活動している『アトラクションチーム武装』の代表です。

1972年生まれ。
1990年にキャラクターショーの世界に入り現在に至る。

2007年に武装を設立。

武装の活動内容は殺陣教室、殺陣指導、オリジナルキャラクターショー等。

現在は関西コレクションエンターテイメント福岡校さんでのアクションレッスン講師もやらせてもらってます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード