2016-12-05(Mon)

小説・さやか見参!(279)

老人の刃がさやかの心臓めがけて振り下ろされる。
(間に合わない!!)
そう思いながらもさやかは懐剣を突き出す。
さやかが動き出した時、すでに老人の刃は身体までわずかの所に迫っていた。
決して諦めたわけではなかったが、さやかは(死んだ)と思った。

かきーん

さやかは一瞬その音が何なのか理解出来なかった。
それは薄皮一枚の所で懐剣と刃がぶつかり合った音だった。
さやかは敵の攻撃をどうにか防ぐ事が出来たのだ。
しかしさやかの脳内は、助かった、と思うより、何故!?という疑問に支配されていた。
先ほどの攻撃はいくらさやかといえども奇跡が起きねば防げぬ速度だったのだ。
なぜ奇跡が起きたのか。
老人の顔を見た瞬間その疑問はすぐに解けた。
敵は最初から本気で刺す気はなかったのだ。
あえてさやかに受け止めさせ、ぎりぎりまで追い詰めて楽しんでいるのだ。

『やあっ!』
心太郎が斬りかかる。
老人はふわりと離れる。
さやかは跳ね上がるように立ち上がり、心太郎と並んでかまえる。

『追い詰められた表情も悪くないぞ』
老人がにやつきながら言う。
『はぁ!?』
意味の分からない言葉にさやかが嫌悪感を示す。
『なぁに、おまえの顔を見ているとある方を思い出すのだ。よく似ておるのでな』
『ある方?』
さやかの問いを老人は流す。
『まぁ似ておるのも当たり前か。ふふふ』
『さっきから何を言ってるっシュか!』
心太郎の苛立った怒声も流される。
『ただそのお方は決して喜怒哀楽をお見せにならんのだ。まったく残念でならん。拙者はあのお方の苦悶の顔が見てみたい』
さやかが眉をしかめる。
『よく分からないけど、あんたが変態っぽいって事は分かったわ』
『その蔑んだ表情も良いぞ。おまえが様々な顔を見せてくれるおかげで、拙者はあのお方の感情を見たような気になれる』
『やっぱり全然理解出来ないけど、あんたが真性のド変態だって事は確信が持てたわ』
そう言ってさやかが短剣をかまえた時、

『そうそう。このお人は変態なんだよねぇ。正解』

と声がした。
そしていつの間にか、二人の男が老人の両隣に立っていた。

『なっ』
心太郎は驚きが声にならなかったようだ。
現れたのは赤い羽織の男と白い羽織の男。
狂気をはらんだ目とへらへら笑った口元。
そう。
一角衆の血飛沫鬼と血塗呂である。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

武装代表・内野

Author:武装代表・内野
福岡・久留米を中心に、九州全域で活動している『アトラクションチーム武装』の代表です。

1972年生まれ。
1990年にキャラクターショーの世界に入り現在に至る。

2007年に武装を設立。

武装の活動内容は殺陣教室、殺陣指導、オリジナルキャラクターショー等。

2017年11月26日は10周年記念『ギルティー!!』を公演します!
福岡市南区大橋にて19:30開演!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード