2016-06-15(Wed)

ヒーローへの道その5 (終)

これまでも書いてきたけど、僕にとって大きな転機となった特撮ヒーロー番組のひとつは『宇宙刑事シャイダー』。
中学の時、夕方に再放送されてたんです。
これを見て『カッコいいな』と。
宇宙刑事というキャラクターが、というよりもFRPのスーツやマスクでアクションをするジャパンアクションクラブのスタントマンさんが、ですね。

僕は元々マンガ家になりたくて、そこに石森章太郎とシャイダーの洗礼を受けたものだから、

マンガ家としてオリジナルのヒーローマンガを連載→テレビで実写化→自分がデザインしたヒーローがレインボー造型企画さんの手でスーツ化→あわよくばスーツアクターも自分で…

という妄想が…

まぁこれはさすがに無理だろうなあと気付いたワケですが、それでも『自分でデザイン→立体化→スーツアクターとしてアクション』という夢は捨て切れなくて、それなら自分でスーツを作ってしまおうと。
そして自主映画でも撮ってしまおうと。

もうここで現在の僕の要素の半分が出来上がってますね(笑)

では残り半分は何の影響を受けているのか。

これは戦隊シリーズの『超新星フラッシュマン』の影響が大きいのです。

これもこれまで散々書いてきましたが、僕はフラッシュマンをほとんど観た事がありません。

放送終了後に発売された本を読んだだけなんです。
フラッシュマンA

この本に掲載されていたプロデューサーの話や最終話の台本、そして役者さんやスーツアクターさんのインタビューを読んで

『こんなに深くて熱い思いが込められていたのか!!』

と愕然としたのです。

ここから僕のヒーロー番組の見方が変わりました。
そしてヒーローという存在への考え方も変わりました。

そんなワケで僕がヒーローへの道を歩み出した最終的なきっかけはシャイダーとフラッシュマンだったのですが、そこに至るまでのたくさんのヒーローへの憧れがあったからこそ踏み出せた一歩だったと思います。

やっぱり男子にとってヒーローの存在って大切なんでしょうね。

ヒーローを名乗る者はその責任の重さを認識して臨んでほしいと切に願います。


※ひっそりとではありますが、自分のデザインを自分で立体化してスーツアクターとしてアクションするという夢は叶えました。
そして実は、自分のデザインしたヒーローをレインボー造型企画さんの手でスーツ化してもらうという夢も実現しています。
僕はデザイン以外関わっていないのですが某所で活躍する某ローカルヒーローです。
ありがたいですね♪

さて、髙橋来人さんと田中幸乃さんがパーソナリティーを務めるラジオ番組
eラジ『ナルシスト王子とわがまま姫 ヒーローへの道』
第2回は6月25日放送です。
興味がある方はTwitterなどで検索してみてね♪
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

武装代表・内野

Author:武装代表・内野
福岡・久留米を中心に、九州全域で活動している『アトラクションチーム武装』の代表です。

1972年生まれ。
1990年にキャラクターショーの世界に入り現在に至る。

2007年に武装を設立。

武装の活動内容は殺陣教室、殺陣指導、オリジナルキャラクターショー等。

くのいち・山吹さやかが活躍する『忍者ライブショー さやか見参!』、新シリーズ『ギルティー!!』も展開中!!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード