FC2ブログ
2010-02-06(Sat)

キャラクターアクションの話

アクションへの道はちょっとお休み。


あれから京劇と歌舞伎・・・

カンフー殺陣と日本殺陣について考えてみたんですが・・・

『武術の攻防を京劇のテンポでやってるのがカンフー映画の殺陣』

『歌舞伎用にアレンジした武術が発展したのが日本風の殺陣』


っていう仮定はどうでしょう!?


・・・まだ曖昧ですね。
さらに研究します。


さて、

なんやかんやと偉そうな事を書いている僕ですが、これまで学んできたのはズバリ

ヒーローアクション

だけです。

時代劇の殺陣を学んだ事も無ければ、
刑事対犯人のような現代殺陣もやっていません。
ボクサー対レスラーみたいなのも皆無です。

人間のアクションではなく、キャラクターのアクションしかやっていないのです。


人間とキャラクターでは同じ殺陣をやっても全く違うものになります。

キャラクターの殺陣では、「戦いの演技」に加えて「キャラクターの動き」を加えなければいけないからです。

以前、俳優の本宮憲二さんと少しだけお仕事をご一緒させていただいた時に、憲二さんは

「キャラクターのアクションはやらない」

とおっしゃってました。

普段は作中でアクションをやる事も多い憲二さんですが、一度手伝いでキャラクターをやった時に動きにクセがついてしまって人間のアクションが崩れそうになり、元に戻すのに苦労したからだそうです。

というぐらい人間とキャラクターでは動きが違ってくるのです。

本宮憲二さんオフィシャルサイト(http://www.clevertu.com/index.html)

さて、僕の周りにはキャラクターのアクションに関わる人間が大勢いますが、皆さん一度は考えた事があるのではないでしょうか。

キャラクターアクションの源流って何だろう?

どんな歴史があって現在のアクションが生まれたんだろう?


って。



~つづく~
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

武装代表・内野

Author:武装代表・内野
福岡・久留米を中心に、九州全域で活動している『アトラクションチーム武装』の代表です。

1972年生まれ。
1990年にキャラクターショーの世界に入り現在に至る。

2007年に武装を設立。

武装の活動内容は殺陣教室、殺陣指導、オリジナルキャラクターショー等。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード