2015-05-15(Fri)

小説・さやか見参!(266)

かすかに、

断の爪先がかすかに動いた気がした。

紅蓮丸がそう思った時、イバラキと断の姿は視界から消えていた。

足元の落ち葉をわずかにも舞わせる事なく、

土埃すら上げる事もなく、

二人は戦闘を開始したのだ。

紅蓮丸の隣では炎丸がきょろきょろと首を動かしている。

『兄者ぁ、イバラキ様消えちまったぜぇ~』

動揺している弟の姿がおかしくて紅蓮丸はふっと笑った。

『我々の目では本気のイバラキ様を捉える事は出来ませんよ』

炎丸が感心したように大袈裟に頷く。

紅蓮丸は周囲の忍び達に目をやった。

全員が身じろぎもせずに立っている。

どうやら幻龍の配下といえどイバラキの動きを見切る事は出来なかったらしい。

しかし呆然と立ち尽くしているのかといえばそうでもなく、頭領の勝利を信じて待機しているといった体だ。

(イバラキ様は断って奴に何度も圧勝してるみたいだから心配はいらないんでしょうけど…)

紅蓮丸は幻龍組の統率力に改めて畏怖した。

それにしても…

『炎丸、私達は命拾いをしたようですね』

『えっ?』

『イバラキ様だけじゃなく、あの断という男の動きも全く見えませんでしたね、私達には』

『あ?あぁ』

『どうやら幻龍の者達にも見えなかったようですよ。手練れ揃いの忍び達が全員見失ってしまったようです』

『えっ…という事は』

『断の腕前はここにいる連中をはるかに凌ぐという事になりますね。もし私達がそんな奴に向かって行ってたとしたら…』

そこまで言われて炎丸が震えだした。

『あわわわわ…兄者ぁ…』

紅蓮丸も小刻みに震えている。

『勢いでかかっていかなくて良かったわぁ~!これからはもっと慎重にいきましょ!ね!ね!』
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

武装代表・内野

Author:武装代表・内野
福岡・久留米を中心に、九州全域で活動している『アトラクションチーム武装』の代表です。

1972年生まれ。
1990年にキャラクターショーの世界に入り現在に至る。

2007年に武装を設立。

武装の活動内容は殺陣教室、殺陣指導、オリジナルキャラクターショー等。

2017年11月26日は10周年記念『ギルティー!!』を公演します!
福岡市南区大橋にて19:30開演!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード