2015-04-28(Tue)

小説・さやか見参!(265)

『ま、確かに戦う雰囲気じゃなくなっちまったが』

断が困ったような笑みを浮かべた。

『今日はよ、おまえと刺し違えて死ぬつもりでここに来たんだ。幻龍イバラキさんよ』

『ほほう』

イバラキも笑みを浮かべる。

中忍下忍達が色めき立つ。

イバラキはそれを制する。

『落ち着け、この断という男はな、おまえ達が敵う相手ではない』

手下達が一斉に一、二歩下がった。

『だがな、断。拙者はおぬしごときが敵う相手ではないぞ』

断は吐き捨てるように『けっ』と言ってから

『嫌というほど承知してるよそれは。だから上手くいって刺し違えられたら万々歳、と思って出向いて来てるんだよこっちは』

と啖呵を切った。

『順当にいけば殺される、それを承知で来たという事だな』

『あぁ』

『そうか』

イバラキは小さく呟くと

『それほどの覚悟があるのならば相手をせぬわけにもいくまい』

そう言いながら瞬間的に刀を抜いた。

『そうこなくっちゃ』

断が全身の力を抜いた。

脱力こそ最上の構えなのである。

『紅蓮丸、炎丸』

イバラキが兄弟に呼びかける。

『は、はいっ?』

『分かっておるとは思うが一切の手出しは無用だぞ。邪魔をすれば殺す』

冗談っぽい口調ではあったが、余計な手出しをすれば本当に命を奪われるという事が本能的に伝わり、紅蓮丸と炎丸は力無く

『は、はい、もちろんでございますです』

と口ごもりながら下がっていった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

まってました!

いやいや、久々にイバラキが刀を抜いたー!

>da1

イバラキ全然戦わないよねー。

今回も格下相手だからどうなるのかな??
プロフィール

武装代表・内野

Author:武装代表・内野
福岡・久留米を中心に、九州全域で活動している『アトラクションチーム武装』の代表です。

1972年生まれ。
1990年にキャラクターショーの世界に入り現在に至る。

2007年に武装を設立。

武装の活動内容は殺陣教室、殺陣指導、オリジナルキャラクターショー等。

くのいち・山吹さやかが活躍する『忍者ライブショー さやか見参!』、新シリーズ『ギルティー!!』も展開中!!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード