2015-04-09(Thu)

温故知新

昨日は『殺陣師段平』を観ました。

僕がビデオを持っていたのは1962年版で
殺陣師段平

今回は初めて1950年版を鑑賞しました。

殺陣やチャンバラを前面に押し出した作品ではありませんが、殺陣師の生き様、誇り、執念を感じさせる内容で観る度に心が震えます。

殺陣=様式美だった時代にリアリズムを追求した殺陣を生み出す、

その苦労たるや僕ごときでは想像すら出来ません。

(実際に作りだした市川段平もすごいですが、それを発案した澤田 正二郞も本当にすごいですよね!)

映画を観ていると、

『過去の型を否定して新しいものを作った』

とうっかり考えてしまいますが、おそらく違うのでしょう。

過去の型をしっかり極めていたからこそ、その上に新しいものを築けたのでしょうね。

ブルース・リーのジークンドーも同じだと思いますが、やはり古典を知る事が大切なんだろうなぁと改めて考えさせられます。

もっともっともっと勉強しなくてはなぁ。

そして練習しなくてはなぁ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

武装代表・内野

Author:武装代表・内野
福岡・久留米を中心に、九州全域で活動している『アトラクションチーム武装』の代表です。

1972年生まれ。
1990年にキャラクターショーの世界に入り現在に至る。

2007年に武装を設立。

武装の活動内容は殺陣教室、殺陣指導、オリジナルキャラクターショー等。

2017年11月26日は10周年記念『ギルティー!!』を公演します!
福岡市南区大橋にて19:30開演!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード