2014-10-19(Sun)

小説・さやか見参!(246)

ちりりん

どこかで風鈴が鳴ったような気がする

だとしたら今は夏なのだろうか

思い返せばこの音は一年中聞こえている気もする

だとしたら今は夏ではないのかもしれない

視界に映る景色はただただ白くぼんやりとしていて

季節を識別するどころか

現実と幻想の境界を見極める事も出来ない

ちりりん

もしかしたら

この音すら

現実の音ではないのかもしれない

ふたつの影がわたしを覗き込む

『かあさま!』

甘えたような声がわたしを呼ぶ

明るくて

無邪気で

高圧的な声だ

『かあさまってば!』

別の声もわたしを呼ぶ

少し冷たさを感じる声

だがこちらの声にはわたしを支配するような高圧さは無い

『かあさま!もっと色々教えてよ!』

冷たい声がせがむ

『かあさま!もっとおねえちゃんに教えてあげてよ!』

甘えた声がせがむ

何故かその声は

わたしにとっては脅迫にも思えた

この甘えた声に命じられると

わたしは逆らう事が出来ないのだ

立ってはいけない

意思とはうらはらにわたしの身体が立ち上がる

動いてはいけない

意思とはうらはらにわたしの身体が動き出す

影が刀を差し出す

もはやわたしとは別の生き物になった左手がその鞘を掴む

そして

わたしの支配から逃れた右手がその柄に手をかける

その瞬間

ぼんやりとした視界に四筋の光が走った

いや

それを走らせたのはおそらくわたし自身なのだろう

気が付くとわたしは

抜いた刀身を鞘に納めているところだった

『やったぁ!』

影が喜んでいる

『すごぉい!』

影がはしゃいでいる

わたしは

とりかえしのつかない事をしてしまった

と思った

『やっと教えてもらえた!』

冷たい声から興奮が伝わる

『かあさま』

甘えた声が迫ってくる

『今のが』

言わないで

『今のが山吹流くのいち斬りだよね!』

あぁ

そうなのだ

とうとうそれを教えてしまった

山吹流くのいち斬り

山吹流忍術の正統にだけ伝えられる必殺技のひとつ

この子たちはそれを使って

山吹を斬ろうとしているのに

『かあさま、ありがとう』

甘えた声がわたしにぴたりと寄り添った

小さな掌がわたしの両目を覆う

『疲れたでしょ。ゆっくり休んで』

その声から労いは感じられない

用が済んだから解放されるだけだ

解放?

わたしはちょっとだけ可笑しくなる

解放なんてされはしない

わたしはこれからもずっと

これまで通りずっと

この子に囚われて生きていくのだ

ちりりん

幻聴を聞きながら

またわたしは意識を失っていく
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

はじまったー!

大阪にいて話の知らない部分!!

たのしーみー

No title

期待してます!!

>da1

なかなか先に進まないけどね!頑張って書きます!!

>玉姫さん

ありがとうございます!
時間はかかりますが地道に続けて行きます!!
プロフィール

武装代表・内野

Author:武装代表・内野
福岡・久留米を中心に、九州全域で活動している『アトラクションチーム武装』の代表です。

1972年生まれ。
1990年にキャラクターショーの世界に入り現在に至る。

2007年に武装を設立。

武装の活動内容は殺陣教室、殺陣指導、オリジナルキャラクターショー等。

2017年11月26日は10周年記念『ギルティー!!』を公演します!
福岡市南区大橋にて19:30開演!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード