FC2ブログ
2014-07-22(Tue)

小説・さやか見参!(242)

邪衆院天空は下忍の生首の山をまたいで封に近付いてきた。

袖を千切った墨色の半着からは筋肉の部位が識別出来るほど鍛えられた腕が伸びている。

そしてその左手には逆手に握った短剣が光っている。

もしやその短い刃一本でこれだけの数の首を刎ねたというのだろうか。

だが、邪衆院の実力を知る封はそれを素直に受け入れた。

『どうしてここに?』

封があえぐように訊いた。
まだ息をするのも苦しかったのだ。

『おまえ、邪衆院といったなァ』

ようやく冷静さを取り戻したカイテツも訊いた。
が、邪衆院はカイテツの問いを無視した。

『ま、俺とおかしらの考えが一致したっていうか』

『イバラキの?』

封が不思議そうな顔をした。

『おい!無視するなァ!』

カイテツが怒鳴ったが、意に介さず邪衆院は封に近付いた。

『あんたが抜けたら一角衆は間違いなく追っ手を放つ。それもかなりの手練れをね。そこらの忍びじゃあんたに敵わないから。だとしたら一角衆が放つのは粛清隊のいずれかだろう。粛清隊なら必ずあんたに追いつく。そしてあんたは簡単には勝てない』

飄々と、しかし一気にまくしたてる。

『言ってくれるわね。傷つくわ』

封がすねた物言いをした。

『簡単には勝てないですって?素直に私じゃ勝てないって言いなさいよ』

邪衆院が曖昧な笑みを浮かべてごまかした。

『おまえらァ!俺をナメてんのかァ!!』

怒声と共にカイテツが動いた。
そして動いたと思った瞬間には、封に向かって巨大な鉄槌が振り下ろされていた。

ずうぅぅぅぅん!!

足元は衝撃を吸収する砂浜だというのに地響きがした。
半端ではない衝撃。
人間など原形も分からぬぐらいに叩き潰す事が出来る攻撃である。

だが、

封の最期を確信したカイテツが見たものは、涼しげな表情のまま封を抱きかかえ安全圏に移動している邪衆院の姿だった。

『お、おまえ、いつの間にィ!?』

『一角衆粛清隊、鉄槌のカイテツ。あんたも速いけど、奇遇だね。俺もなかなか速い。驚いた?』

誇るでも驕るでも見くびるでもなく、あくまで普通といった邪衆院の口ぶりに、カイテツは頭に血が上るのを感じた。

『俺はね、あんたには生き延びてもらいたいと思った。だから後を追いたいと言った』

抱きかかえた封を下忍の生首の近くにそっと降ろす。

『おかしらはあんたに死なれては困ると言った。約束通り復讐に来てもらわねばならぬと。だから俺に後を追えと言った」

穏やかに話しながらカイテツと対峙する。

「で、ここに来たってわけ。国に帰るならこの港だろうから。納得出来た?』

封は身体の痛みを堪えつつ笑いを止める事が出来なかった。

くくくと小さく笑いながら

『あんた達、馬鹿みたい』

と言った。

邪衆院も

『傷付くなぁ』

と笑った。

そして、カイテツと邪衆院が同時に動いた。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

No title

封と邪宗院の

さわやかトーク。



こうなると

もう

カイテツさんが可哀想で。

>玉姫さん

邪衆院が出ちゃうとどうしても軽い雰囲気になってしまいます(笑)
カイテツにはもっと頑張ってもらいたいですね♪
プロフィール

武装代表・内野

Author:武装代表・内野
福岡・久留米を中心に、九州全域で活動している『アトラクションチーム武装』の代表です。

1972年生まれ。
1990年にキャラクターショーの世界に入り現在に至る。

2007年に武装を設立。

武装の活動内容は殺陣教室、殺陣指導、オリジナルキャラクターショー等。

現在は関西コレクションエンターテイメント福岡校さんでのアクションレッスン講師もやらせてもらってます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード