2014-06-23(Mon)

小説・さやか見参!(240)

こうなっては仕方ない。

封は覚悟を決めて飛び込んだ。

一角衆粛清隊は安全策を取りながら勝てる相手ではないのだ。

封は鉄槌の攻撃をかいくぐってカイテツに貼りつくように接近した。

クナイで何度も切りつける。

カイテツの着物が裂けた。

着物自体も厚手の生地を使っている。

どれだけ用心深いのだ。

カイテツが後ろに跳んで距離を取った。

その勢いを利用して鉄槌を引き戻す。

後頭部に迫る凶器を封はしゃがんでかわした。

体勢を低くしながら前方に転がる事で間合いを詰める。

転がった封が立ち上がるより早くカイテツが左足で蹴りを繰り出した。

受けようにも捌こうにも封の右腕は動かない。

カイテツの力は超人的である。

ただの蹴りでさえ致命傷になりかねない。

ましてや鉄の具足まで装備しているのだ。

そんな攻撃が直撃すれば封の身体は間違いなく破壊されてしまうだろう。

封は左に跳んで転がり逃れようとした。

だが完全にはよけきれなかった。

転がろうとした右肩をカイテツの爪先がかすめる。

ごきっ

嫌な音がした。

『くあぁ』

封が小さな悲鳴を漏らした。

蹴りの衝撃で吹っ飛ばされ態勢を崩す。

しかし引き離されるわけにはいかない。

封は痛みをこらえて左手を地面に着くと、カイテツに向かって転回し再び距離を縮めた。

しばらく超接近戦の攻防が続いた。

カイテツの着物が少しずつ切り裂かれるのと比例して、封の身体も損傷していく。

『ぼろぼろになっちまったなァ、裏切り者』

攻防の中でカイテツが笑った。

『あんたもね』

封が負けじと笑う。

『俺は着物がぼろぼろになっちまっただけだが、オマエは身体がぼろぼろだろうがァ』

確かにそうだ。

だが、封の目的は着物をぼろぼろに切り裂く事だったのだ。

着物を裂いて、装備の薄い場所を見つけ出す。

見つけたらその場所だけを徹底的に攻める。

一点を攻撃し続けて、鎖帷子や皮の鎧をわずかでも、ほんのわずかでも破壊する事が出来れば。

そうすれば。

カイテツが鉄槌を振り下ろしてきた。

封は正面からカイテツの巨躯をとらえる。

左腕の付け根あたり、裂かれた着物の隙間から破壊されたいくつかの鉄の環が見えた。

幾度も切りつけられ、薄い傷が入った黒いなめし皮が見えた。

(あの場所を狙う)

封は身体をちぎられるような痛みをこらえて鉄槌の下にもぐりこんだ。

(触れる事が出来たなら私は勝てる)

封は自分を鼓舞した。

触れるだけで敵を死に至らしめる暗殺者。

それが私だ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

武装代表・内野

Author:武装代表・内野
福岡・久留米を中心に、九州全域で活動している『アトラクションチーム武装』の代表です。

1972年生まれ。
1990年にキャラクターショーの世界に入り現在に至る。

2007年に武装を設立。

武装の活動内容は殺陣教室、殺陣指導、オリジナルキャラクターショー等。

くのいち・山吹さやかが活躍する『忍者ライブショー さやか見参!』、新シリーズ『ギルティー!!』も展開中!!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード