2014-05-17(Sat)

小説・さやか見参!(233)

断は無言で酒宴の席から外れた。

不機嫌そうに出て行く断を、血讐もダチュラも辻占の老人も誰も気に留めなかった。

それはそうだ。今回の作戦に断は何も貢献していない。

それどころかここ数年は大した役にも立っていない。

唯一命じられている『幻龍組の奥義を奪う』という任務もいまだ果たされていない。

相棒の封は姿を消した。

イバラキを狙った末の消息不明であるから命を落としたのかもしれぬと思うが、血讐は

『あのイバラキに女が殺せるはずがない』

と判断した。

結果、封は抜け忍として追われる事となった。

どうやら粛清隊が差し向けられたようである。

『つまらねぇ』

断はつぶやいた。

以前は戦いが楽しかった。

他人を騙し、出し抜く事に生き甲斐を見出す事が出来た。

だが、今はそれがない。

決して善人になったわけではないのだが。

(俺も年取ったって事か?)

いや、そうではない。

あの日、

イバラキの術により余命わずかを宣言された日からこの虚しさは膨れ上がっていったのだ。

断は一角衆の砦を出て山を歩いてみた。

そこで断は、

初めて空を眩しいと思った。

初めて風を心地良いと感じた。

初めて木々を美しいと思った。

そして、そう思えた事を、

なんだか悲しい、と思った。

こんな気持ちで生きていくのなら、

『戦って死んだ方がマシだ』

断は呟く。

どうせ俺の寿命はあと少しで終わる。

だったら、

『イバラキと刺し違えてみるか』

再び呟く。

自分に与えられたたった一つの任務に命をかけるのも悪くないかもしれぬ。

もし上手くいってあのジジイを喜ばせる事になったら腹立たしいが、それでもまぁいい。

最後に汚名を雪げたなら、それはそれでありだ。

断は自嘲気味な笑みを浮かべて、里に向かって歩き出した。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

武装代表・内野

Author:武装代表・内野
福岡・久留米を中心に、九州全域で活動している『アトラクションチーム武装』の代表です。

1972年生まれ。
1990年にキャラクターショーの世界に入り現在に至る。

2007年に武装を設立。

武装の活動内容は殺陣教室、殺陣指導、オリジナルキャラクターショー等。

2017年11月26日は10周年記念『ギルティー!!』を公演します!
福岡市南区大橋にて19:30開演!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード