fc2ブログ
2009-12-16(Wed)

アクションへの道(22)

普段のショーに加えて合同リハに励む僕だったが、2分の殺陣を覚える苦労は並々ならぬものだった・・・


僕の物覚えはすこぶる悪い。
今まで10秒前後しかやってなかった殺陣が今回は2分。
覚えられるワケがない!

家に帰ってソッコーでノートに手(段取り)を書き写す。
文字で説明しきれない所は絵を描いて覚える。
ノートを見ながら何回も何回も動いてみる・・・

こうして翌週のリハまでにようやく殺陣を覚える事が出来たのでした。

よかった~♪ふうぅ~~っ。

ひと安心♪

かくして翌週のリハは・・・

殺陣の秒数を削る所から始まりました。

なんですと~っ!?


・・・なるほどなるほど・・・
最初は長めに付けておいて、削る事で調節していくのね。
殺陣だけでなく、アイデア作業にはこの方法が効果的です。
ちなみに僕の2分の殺陣は・・・

25秒になりました。

なははははっ、ま、そんなもんか。
仕方ねぇや、この中で一番ヘタだし。



しかし、個人で出るシーンは短くとも、他のキャラクターと登場してる時間ってのはいっぱいあるワケです。

前回書いたように、イエローにはアクションらしいアクションはほとんどありません。
他のヒーロー達が戦ったりやられたりしてる時もあまりやる事がないのです。
ではイエローは何をするべきなのか?


間を埋めるべきなのです!
それこそが演技であり殺陣なのです!


それは普段のショーではやった事がありませんでした。


ブラックが敵に向かっていく、
「次は俺が行くぞ!」という芝居をする。

ブラックがやられる。
それを見てひるむ。

その隙にブルーがかかっていく。
劣勢を感じてかまえる。

ブルーがやられて戻ってくる。
それをかばうが、向かってくる敵と対峙して後ずさる・・・


何もやってないシーンでもこれだけの事が出来るのです。
これはまだ新人の域を出てなかった僕には新鮮な体験でした。

このシーンではどう動くか?
それを考えるのが楽しくて仕方ありませんでした。

僕は今でも格闘技のような殺陣よりも感情が見える殺陣が好きなのですが、その因子はこの時に生まれていたのだと思います。

・・・まぁこれが災いして、後に先輩達に
「エセ殺陣の内野」
との悪名をいただく事になるのですが・・・

それはもうちょい先のお話。

~つづく~
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

武装代表・内野

Author:武装代表・内野
福岡・久留米を中心に、九州全域で活動している『アトラクションチーム武装』の代表です。

1972年生まれ。
1990年にキャラクターショーの世界に入り現在に至る。

2007年に武装を設立。

武装の活動内容は殺陣教室、殺陣指導、オリジナルキャラクターショー等。

現在は関西コレクションエンターテイメント福岡校さんでのアクションレッスン講師もやらせてもらってます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード