2014-02-12(Wed)

小説・さやか見参!(215)

紅蓮丸の攻撃が次々と繰り出される。

鉄板のような刀身が空を切る度に、うぉんうぉんと耳障りな音が上がった。

さやかは反撃の機を見計らっている。

どれだけ速くとも、さやかほどの腕があれば剣戟をかわすのは容易い。

だがさすがに攻撃に転ずるのは難しかった。

(火遁の術さえなければ…)

さやかは内心そう毒づいた。

不意をついて襲ってくる炎の恐ろしさは対・炎丸戦で味わっている。

今はまだ使う気配もないが油断するわけにはいかない。

『ふふふ、どうですかワタクシの腕前は。手も足も出ないようですね』

『ば~か、出ないんじゃなくて出してないだけよ』

強がってみたがこのままではらちが明かない。

さやかは試しに攻撃に踏み切る事にした。

しかも、敵の得意な火遁で。

『負け惜しみはおやめなさい!』

紅蓮丸が胴を払う。

さやかは回転してよけつつ、手甲に忍ばせた液体を秘かに口にふくんだ。

そして紅蓮丸に向かって一気に吹き出すと自らの刀を紅蓮丸の魔剣に叩きつけた。

がきん!!

火花が散る。

そして液体に引火した火花は一瞬大きな炎に変化した。

さぁ、どう出る?

さやかは紅蓮丸の反応を窺った。

そして怪訝な表情をした。

かすかに、本当にかすかにだが、紅蓮丸が明らかに動揺していたからだ。

火遁の使い手が敵の稚拙な火遁に狼狽するはずがない。

ならばこの男、火遁は使えないという事か?

頭の中で様々な可能性を考えながらさやかは紅蓮丸を見た。

そして気付いた。

紅蓮丸の眼には光がない。

感情を表す光が全くないのだ。

これは術にかけられ催眠状態に陥った者特有の眼である。

という事は…

さやかが距離を取って身構えた。

そこへ突然、男の明るい声が響いた。

『そう、そいつは操られてるよ』

その声はあまりに唐突で場違いだったので、手練れのくのいち山吹さやかも驚きを隠せなかった。

『誰!?』

さやかが紅蓮丸の斬撃をかわしながら声の主を探す。

『紅蓮丸は今、自分の意思じゃなく、その魔剣に操られて戦ってる』

『もう!誰よ!?どこにいるのよ!!』

さやかは苛々しながら横に跳んだ。

そしてようやく声の主を見つけた。

男はいつの間にか紅蓮丸の背後、二十間ほど離れた倒木に腰掛けていた。

屈託の無い笑顔を浮かべて。

『あんた、誰!?』

戦いながら問うさやかに、男はさわやかに

『邪衆院 天空。幻龍イバラキの手下って言うか何と言うか』

と答えた。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

こないだ

邪衆院の登場した長崎の動画を久々に見ました!
なんか懐かしかったな~

>da1

ショーでも活躍させてあげたかったねぇ~

No title

!!!

>玉姫さん

いつも読んで下さってありがとうございます!
どこに対しての!!!なんでしょうか??(笑)

No title

下手にコメントを書くといけないと思い
ビックリマークだけにしました。

「!!!」はもちろん
邪宗院 天空の登場にです!

>玉姫さん

ありがとうございます♪
邪衆院も喜んでいると思います♪
本当はまだ出てくる予定じゃなかったのに勝手に出てきたので僕が驚きました!!
プロフィール

武装代表・内野

Author:武装代表・内野
福岡・久留米を中心に、九州全域で活動している『アトラクションチーム武装』の代表です。

1972年生まれ。
1990年にキャラクターショーの世界に入り現在に至る。

2007年に武装を設立。

武装の活動内容は殺陣教室、殺陣指導、オリジナルキャラクターショー等。

2017年11月26日は10周年記念『ギルティー!!』を公演します!
福岡市南区大橋にて19:30開演!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード