2014-01-13(Mon)

アクションとリアクション

警備員で路上に立ってる時は、前を通る全ての方に挨拶するようにしています。

老若男女で区別はしませんが、優先順位では子供が一番上です。

小学生にも保育園児にも頭を下げて「おはようございます」と言うようにしています。

大人がしっかり挨拶のお手本を見せないといけないという責任感を勝手に持っています。

照れて無視する子もいますがキチンと挨拶してくれる子もいます。

そんな中で気になるのは、親と一緒に歩いてる幼児です。

多分子供達の中では

「知らない人に挨拶された!どうする!?挨拶するのは恥ずかしい…でも挨拶するのは良い事のハズ!」

みたいな葛藤があると思うんですよ。

それでおずおずと

「おはようございます…」

と言ってくれる。

葛藤を乗り越えて挨拶してくれた子供のほとんどはお母さん(もしくはお父さん)の所に駆け寄って、笑顔で親の顔を見ています。

きっと、(ちゃんとご挨拶出来たよ!偉いでしょ!)って言いたいんだと思います。

褒めてほしいんだと思うんです。

問題はここからです。

ここで親の反応が2つに分かれまして…

「ちゃんとご挨拶出来たね!偉いね!」

と褒めてあげるパターンと、全然シカトして歩いて行っちゃうパターンと。

ここで褒めてあげたらその子はキチンと挨拶する事を覚えると思うんですけど、親がシカトしちゃったらコミュニケーションに対する意義を見出せなくなっちゃうんじゃないかなぁ、と、そんな事を心配しちゃうんですよね。

少なくとも小さい内は、子供が良い事をしたらしっかり褒めてあげて、悪い事をしたら叱ったり教えたりしてあげなくちゃいけないなぁ、なんて、子育てをした事の無い僕は勝手に考えてます。

正しいのか間違ってるのか分かりませんが、自分の中にあるそういった問題意識をショーの中に組み込んでいけたらいいなぁ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

武装代表・内野

Author:武装代表・内野
福岡・久留米を中心に、九州全域で活動している『アトラクションチーム武装』の代表です。

1972年生まれ。
1990年にキャラクターショーの世界に入り現在に至る。

2007年に武装を設立。

武装の活動内容は殺陣教室、殺陣指導、オリジナルキャラクターショー等。

2017年11月26日は10周年記念『ギルティー!!』を公演します!
福岡市南区大橋にて19:30開演!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード