2013-09-23(Mon)

小説・さやか見参!(195)

死に物狂いで走る忍者の速さは我々の想像をはるかに超える。

普通ならば歩いて一日半、いや、今が深夜である事を考えるとゆうに二日を越えそうな距離である。

それを心太郎は短い夜の間に走り切ったのだ。

だがそれでも、

道中、心太郎は焦り、悩んでいた。

音駒は今のさやかにとって大切な人だ。

彼のおかげでさやかの精神がどれだけ安定しているか、それは近くで見ていればよく分かる。

『不本意に、理不尽に死なねばならなかった者の為にも、我々は必死に生きるべきだ』
という音駒の言葉は、兄の死というさやかの呪縛を解こうとしている。

その音駒に万が一の事があれば、

さやかは今度こそ立ち直れないかもしれない。

だから心太郎は音駒に忍鳥として育てられた鳩を預けていたのだ。

しかし、

音駒を襲ったのは、どうやらただ者ではないらしい。

侍か忍びか、はたまた武芸者か分からぬが、かなりの手練れである事は間違いない。

これは予想外だった。

音駒が誰かに命を狙われるなど考えてもいなかった。

いや、考えたとて、手練れが音駒の命を狙う理由など思い当たらない。

とにかく、

生きていてほしい。

そんな事を頭の中でぐるぐると考えながら心太郎は走ったのだ。

と、

夜の闇と同化した鳩が地面に降りた。

普通ならば決して見えぬそれも、夜目の利く忍びならば見逃す事はない。

心太郎は鳩が降りたその先に、

血にまみれて倒れている音駒を見つけた。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

武装代表・内野

Author:武装代表・内野
福岡・久留米を中心に、九州全域で活動している『アトラクションチーム武装』の代表です。

1972年生まれ。
1990年にキャラクターショーの世界に入り現在に至る。

2007年に武装を設立。

武装の活動内容は殺陣教室、殺陣指導、オリジナルキャラクターショー等。

くのいち・山吹さやかが活躍する『忍者ライブショー さやか見参!』、新シリーズ『ギルティー!!』も展開中!!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード