2013-04-13(Sat)

小説・さやか見参!(187)

イバラキは、しばしさやかを見てから踵を返し、紅蓮丸が落とした魔剣の所まで歩いた。

『その、ゆりとやらの事は知らんが』

巨大な剣を拾う。

『確かに今回の拙者のやり方では目的を遂げる事は難しいようだ。こやつを見てはっきりした。人心を操るなど愚行に過ぎんとな』

『じゃあ』

もうやめるのね、と言いかけたさやかをイバラキが制する。

『勘違いするな、拙者は諦めん。また別の方法を考えるまで。拙者は、拙者の理想とする天下を築く』

『イバラキ!あんたみたいな奴が天下を治めるなんて絶対に許さない!』

『止めるか?ならば止めてみよ。だがおぬしに拙者を止める権利があるか?』

『なんですって?』

『山吹さやか、おぬしの理想は平和な世を、人々が笑顔で暮らせる天下を作る事であろう。しかしおぬし、それを実現する為に何をしている?おぬしは我々を悪の元凶と決めつけ、いたずらに追い回しているだけではないか。拙者を止めれば平和になるのか?拙者が死ねば人々が笑顔で暮らせるのか?この世界から嘘や裏切りが消えるのか?ならば拙者は死んでもかまわぬ。今ここで殺せ。だが約束しろ。拙者の消えた世界からは一切の諍いを無くすと』

イバラキが抜刀する。
さやかが身構える。

イバラキはさやかに歩み寄りながら刀を逆手に持ち替えた。

『さぁ宣言しろ。拙者が死ねば世界は平和になると』

イバラキがさやかの手を取り、無理矢理に自分の刀を持たせる。

『イバラキ!?』

さやかに握られた刀はイバラキの首筋に当てられた。

『さぁ刀を引け。この首を斬れ。己の首一つで世が平和になるなら安いものだ』

さやかの腕を掴んだイバラキが刃を引こうとした。
さやかは必死に止める。

『遠慮する事はない。己の理想を実現しろ。邪魔なものは排除すればいい』

『やめて…!』

『なぜやめる?拙者を殺しても平和など来ぬからか?それでも斬ればいい。平和は来ずともたけるの敵は討てる』

『いやっ!』

『斬れ!!』

『いやよ!!』

イバラキの腕を振りほどいてさやかが跳び退いた。

『今ここであんたを斬ったら、天下の平和を口実に私怨を晴らしただけになっちゃうじゃないの』

『良いではないか。天下の平和も兄の敵討ちもおぬしの目的には違いなかろう』

『こんなんであんたを殺すのは何かずるい気がする。そんなのやだ』

『甘いな。絶好の機会であったというのに。拙者はこれからも己の理想を実現する為に策を講じるぞ』

『私だって、私の、私とお兄ちゃんの理想を実現する方法を考えて、その上であんたを止めてみせるわ。平和を築いて、そしてお兄ちゃんの敵を討つ!』

そう言ってさやかはイバラキから離れた。

『楽しみにしておるぞ』

イバラキがそう言った瞬間、さやかが地面を蹴って姿を消した。

『いやぁ、今のは若干、分が悪かったですな』

邪衆院がイバラキの隣に来て腕を組んだ。

『今回の策では上手くいかないと我々も気付いていましたからね。それを責められてはぐうの音も出ない』

そう言われてイバラキが自嘲する。

『あの娘も無力なら拙者も無力、という事だ。今の所はな』

『では次の手を試しに行きますか』

邪衆院の言葉にイバラキが頷き、二人は間もなく城を後にした。

城内の手下もいつの間にか姿を消していた。

先程までの騒ぎが嘘のように静けさが戻る。

そこには巨大な魔剣と、気を失った紅蓮丸だけが残されていた。

派手な爆発と共に登場した紅蓮丸だったが、特に何の活躍も見せず、さやかの目に止まる事は一度もなかった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

さみしいのー

紅蓮丸…

さみしいのー

>da1

さやか見参の中でこんな扱いが出来るのは紅蓮丸だけ!
でも俺が最も好きなキャラクターの1人♪
最近のショーは紅蓮丸が主役と言っても過言ではない。
プロフィール

武装代表・内野

Author:武装代表・内野
福岡・久留米を中心に、九州全域で活動している『アトラクションチーム武装』の代表です。

1972年生まれ。
1990年にキャラクターショーの世界に入り現在に至る。

2007年に武装を設立。

武装の活動内容は殺陣教室、殺陣指導、オリジナルキャラクターショー等。

2017年11月26日は10周年記念『ギルティー!!』を公演します!
福岡市南区大橋にて19:30開演!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード