fc2ブログ
2013-02-18(Mon)

上達する方法・前編

上達する方法を伝授…

なんて大仰な事を書いてしまい恥ずかしがってる僕です。

でも、アクションを始めてから、そして殺陣教室を始めてから感じた事を書きますね。


まず、上達する為に必要な事、その1…

『上手くなりたい』という意思がある事。

これ、当たり前のようで当たり前じゃないんですね。

そりゃ、やる以上はほとんどの方が『上手くなりたい』んだと思います。

でも、『多少キツい思いをしても、多少時間を削られても上手くなりたい』って人はどのぐらいいるでしょうか。

ほとんどの方は『そりゃどうせなら上手くなるに越した事はないけどさ』ってレベルじゃないでしょうか。

これ、後者は『上手くなりたい』に入りません。

ここがまず大事。

上の例、
『会社のトップに登り詰めて稼いでやる!』
ってのと
『楽して稼げるならそうしたいよ~』
ぐらいの差がありますよね。


上手くなる気がない人は放っておいて(ウチの殺陣教室ではそうします)、『上手くなりたい人』に対してどうするか。

上手くなりたいけど上手くならない人にただ、
『努力しろ!』
『練習しろ!』
と言うのは良くないと思います。

何の場合でも同じですが、初心者の方に
『分からない所はありませんか?』
と訊くと
『分からない所が分かりません』
と答えられたりしますよね。

出来ない人は、何を努力したらいいか、どう練習したらいいか、それがまず分からない事が多いんです。

それが分からずに闇雲に努力しても、悪い癖がついたり怪我をしたり、とにかく無駄に終わります。

ここは指導者側のスキルが必要になるのですが、
『何をどう練習するべきか』
『どんな努力をするべきか』
これをしっかり伝えないといけないと思います。

書道に例えます。

先生が、道具とお手本を出して
『見たままに書け!』
と言ったとしましょう。

でも生徒は書き順も知らない、筆の使い方も知らない、墨の刷り方も知らない。

それでも何とか書こうとしている…

この努力を誉めてあげればまだいいんですけど、

『何も出来てないじゃないか!お手本通りに書くだけの事が何で出来ないんだ!やる気あるのか!』

なんて怒る人もいますよね。

そんなん最初に墨の刷り方を教えてあげたらいいんです。

そして筆の使い方を教えてあげたらいいんです。

文字の書き順を教えてあげたらいいんです。

そこまでして最低限の指導でしょう。

『お手本通りにやれ!』は指導でもなんでもないですよね。

道を尋ねられて『地図を見て行け!』と言ってるようなもんですからね。

キチンとゴールまでの道順を教えてあげなくちゃいけません。


『上達の意思がある人』に指導者が『ゴールまでの道順』を教えました。


ここからが本題です。

続く。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

「上手くなりたい」からどうするか

どう導いてあげるか。

なるほどです。



>玉姫さん

やる気ばかりは本人が出すしかないですもんね。
楽しく練習出来る環境は出来るだけ作ってあげたいですけど。
プロフィール

武装代表・内野

Author:武装代表・内野
福岡・久留米を中心に、九州全域で活動している『アトラクションチーム武装』の代表です。

1972年生まれ。
1990年にキャラクターショーの世界に入り現在に至る。

2007年に武装を設立。

武装の活動内容は殺陣教室、殺陣指導、オリジナルキャラクターショー等。

現在は関西コレクションエンターテイメント福岡校さんでのアクションレッスン講師もやらせてもらってます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード