2012-11-26(Mon)

小説・さやか見参!(176)

びゅううう。


暗闇に風が吹く。


暗闇には天もなく地もなく、


ただ、あの男だけが立っている。


びゅううう。


こんな天地も定かでない場所にあの男がいるはずがない。


だとしたらこれは夢だ。


いつものあの夢だ。


夢の中で繰り返される、私が私だった頃の記憶だ。


あの男、


正体は化け猫ともいわれていた粗暴な男、


私は化け猫退治をするはずだった。


戦って戦って戦って、


たくさんの仲間が倒れて私は鈴を鳴らした。


りん


ところがその鈴の響きは、何故か、私を


男の腕が迫ってくる、


『化け猫退治に行ったお姫様は、化け猫の妃になってしまいました』


やめて。


私のお腹には、


『かあさま』


あぁ、またこの声だ。


『かあさま』


この声に呼ばれると、


『ねぇ、かあさま』


目覚めたら私は、またこの夢の事を忘れてしまう。


『かあさま』


私が、私であった事さえ。



びゅううう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

武装代表・内野

Author:武装代表・内野
福岡・久留米を中心に、九州全域で活動している『アトラクションチーム武装』の代表です。

1972年生まれ。
1990年にキャラクターショーの世界に入り現在に至る。

2007年に武装を設立。

武装の活動内容は殺陣教室、殺陣指導、オリジナルキャラクターショー等。

くのいち・山吹さやかが活躍する『忍者ライブショー さやか見参!』、新シリーズ『ギルティー!!』も展開中!!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード