2012-11-04(Sun)

不条理は襲ってくるもので

11月は『児童虐待防止月間』だそうです。

児童虐待は、最も悲しいニュースの1つと言っていいでしょう。

香川の『未来環境防衛隊ドラゴンマン』さんや、静岡の『遠州忍者魁斗・鼈甲』さんはオレンジリボンの活動に参加されて、虐待防止を訴えておられます。

武装も何かやってんのか?…と思われた皆さん、

申し訳ありません。

武装は、代表は、何もしておりません。

ただ、代表の個人的な思いはアメブロの方に書いてみました。

さて、

僕は児童虐待というのは、社会に厳然と存在する不条理だと思っています。

なくなってほしいと願っていますが、現時点ではまだなくなる気配はありません。

存在するという事は、それに晒されている者がいるという事です。

児童虐待だけではありません。

腕力が強い者が弱い者を、強い立場の者が弱い立場の者を虐げるという不条理は大人同士でも存在しています。

これまでも何度か書きましたが、『忍者ライブショー さやか見参!』の敵は不条理の象徴として描いています。

主人公・山吹さやかは名門・山吹流の後継者ではありますが、まだ年端もいかない女の子。

お目付け役の心太郎などは腕も三流、さやかよりも更に年少。

そんな子供達を、凶悪な力を持った大人の男が集団で襲います。

徹底的に、完膚なきまでに。


それでもさやかは立ち上がります。

自分の意思で、自分の力で、不条理と戦おうとします。

ここに『さやか見参!』のテーマの1つがあります。

襲ってくる不条理とは戦わなくてはいけないのです。

戦う、と言っても、真っ向からぶつかるばかりの話ではありません。

逃げてもいい、

助けを求めてもいい、

とにかく諦めない事が大切なんです。

何度叩きのめされても立ち上がる山吹さやかを見て、子供達が勇気を持ってくれたら嬉しいなぁ、と思っています。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

武装代表・内野

Author:武装代表・内野
福岡・久留米を中心に、九州全域で活動している『アトラクションチーム武装』の代表です。

1972年生まれ。
1990年にキャラクターショーの世界に入り現在に至る。

2007年に武装を設立。

武装の活動内容は殺陣教室、殺陣指導、オリジナルキャラクターショー等。

くのいち・山吹さやかが活躍する『忍者ライブショー さやか見参!』、新シリーズ『ギルティー!!』も展開中!!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード