fc2ブログ
2012-09-04(Tue)

戒め

漫画を読んでて胸にグッと来る事があります。

ちょっと前の週刊モーニング。

西餅先生の『犬神もっこす』という作品。

大学の学生演劇の話です。

基本的にはギャグというかコメディというか、そんな感じなんですが、EPISODE:14では深いやりとりが。

劇研の3人(夏目・犬神・狭山)と、かつて演劇の世界にいた事務員・金田一さんの会話。

夏目『でも私たちは私たちで面白いものが作れると思うっちゃ』

金田一『根拠は?』

夏目『自分のやってることが面白いって自信があるし客はいっぱい来てるし 何よりアンケートはいつも好評です』

金田一『身内客のアンケートがですか?

あなた達の公演に足を運ぶのは殆どがうちの学生 つまり身内ですね

友達の舞台に悪い事は言わない 期待もないから批判もない

学生はいわば時間持ちですから つまらない芝居を見せられても鷹揚でいられる』

夏目『学生じゃない商店街の人々もいますけど?』

金田一『それも身内というのです

あなた方の芝居は客を喜ばせているでしょうか

自分達が内輪で楽しんでいるのを身内に見て貰っているだけでは?

演劇というものは やっている側の充実感が変に強いのもやっかいなところです

特に君達のようなアマチュアは楽しかったで終わってしまって見世物としてシビアに出来を評価する事をしない』

狭山『たしかに……いつも舞台の後はやりきった感が凄くてそれで満足してしまう気がします』

~中略~

金田一『ノルマで知人友人にチケットを売るという妙な制度のおかげで客席はいちおう埋まるというのもよろしくない

常に観てくれる人がいるという錯覚

批判の届かない居心地の良い環境 そこで何年も進歩しない劇団が少なくない数で存在します』

犬神『しかしそういった劇団はいつか淘汰されていくのでは?』

金田一『確かに しかし淘汰される前に

そんな劇団が観劇初心者にとっての「初めての芝居」を見せてしまう事がままあるんですよ 君達学生演劇も含めてね

たとえばこんな話をよく聞きます

「友達が演劇をやっていたのでチケットを買わされて観に行ったがひどくつまらなかった
それ以来演劇はつまらないというイメージが先行して観に行く気にならない」

アマチュア演劇でも責任重大です

学生のあなた達にも観劇初心者を感動させるような芝居をしていただきたい』


これはキャラクターショーでも同じだ。

しっかりと胸に刻んでおこう。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

確かに深い

ローカルヒーローのキャラクターショーでも、
なぜ主催者からそこに自分たちが呼ばれているのかを
意識しているのと、していないのとでは
ショーの内容、深みが全然違いますもんね。

金なのか内容なのか。

ご当地なんかはそれだけでオンリーワンなんだから
みんな素人だけど一生懸命やっています、ってのを
どこかで謳いながらやるのは勘弁して欲しいです。

>dragonmacさん

自分達がやりたい事をやる

自分達が楽しい事をやる

だって自分達はプロじゃないから。


こんな気持ちでヒーローの姿でステージに立ってほしくないなぁ、…と思ってしまいます。

思いますね。

例えば、お父さんやお母さんが子どもたちに内緒で
顔を隠した手作りのヒーローキャラクターを、保育園で子どもたちの前で演じても、
子どもたちは目の前のヒーローがプロか素人かなんて見てないんですよね。
子どもたちに感情移入させているお父さんお母さん、先生の演劇はよくあります。

伝えたいことがあるなら一生懸命やるのは当たり前。そこにプロも素人もない。
むしろお父さんお母さんだからこそプロよりも子どもたちの近いところまで
寄り添えることだってあるんですよね。
先生が園児の前で演じる演劇では「なるほど、その手があるかぁ。」と
教えられることが多いです。

人前でショーをやろうという人間が、自分たちは素人ですけど一生懸命やってます、
なんて謳ってるのは、ただの自意識過剰にしか見えないんですよね。

>dragonmacさん

自意識過剰や自己満足な部分というのは(僕も含めて)誰にでもあるんでしょうけど、だからこそ『誰の為に』『何の為に』をしっかり考えないといけないですよね。

たいてい

「ホントに素人さんなんですか?」と他人から言われたい人ほど
「素人ですが一生懸命やってます。」と謳っているように見えるんですよね、ひねくれ者の僕には。

「そんなにあなたが思うほど誰も見てないよ。
『へたくそ!』って言われたくない予防線で、最初に言い訳してるんでしょ?」って・・・(笑)

「練習をできる限りに一生懸命やった」という自意識や
「精一杯やった」という自己満足と表裏一体に
『もっとできることはなかったか?』を持てばいいだけだと思うんですけどね、表には出さなくていいから。

>dragonmacさん

ホントですよね。
観客が観て感じた事が全てだから、演じ手や作り手が言い訳やフォローをする余地はないですよね。
プロフィール

武装代表・内野

Author:武装代表・内野
福岡・久留米を中心に、九州全域で活動している『アトラクションチーム武装』の代表です。

1972年生まれ。
1990年にキャラクターショーの世界に入り現在に至る。

2007年に武装を設立。

武装の活動内容は殺陣教室、殺陣指導、オリジナルキャラクターショー等。

現在は関西コレクションエンターテイメント福岡校さんでのアクションレッスン講師もやらせてもらってます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード