2012-08-21(Tue)

小説・さやか見参!(167)

さやかと心太郎は完全に日が暮れるのを待って合流し、城から抜け出した。

目立たぬ場所にある小窓を開け、そこからするりと外に出る。

そこは城の裏手に面していて、窓の下には石垣があるばかりだ。

さやかと心太郎は石垣を垂直に駆け降り、幅のない堀を飛び越え、町の暗がりを走り抜けた。

潜入時に下調べをしているおかげで、二人はすでに安全な脱出経路の見当を付けていたのだ。

もちろん謎の監視役に気付かれる危険性はあったが、気付かれてもこのまま走り去ればいい。

逃げ切る自信はある。

逃げ切らなければならない。

鳥飼の城を取り巻く謎の一端にようやく触れたのだ。

これから時間をかけて謎を解かねばならない。

いや、
出来るだけ早急に。

時が経てば経つほど、濡れ衣を着させられ処刑される者も増えるのだ。

さやかは先程城内で聞いた話を思い出していた。

本日は二名、そんな話をしていた。

それは人を欺きし咎によって処刑される者の数だ。

実際に人を騙したのかもしれない。

罠に嵌められた善良な者かもしれない。

その真偽はさやかには分からなかったが、

(何とか助けてあげたかった…)

そう悔いていた。

いかな一流の忍びとはいえ、事の真相に至るには手間と暇を要する。

今日、藩主を探ってみて、藩主が何者かに操られている可能性を知った。

そして怪しき典医らしき男の存在を知った。

次はその典医を調べなければならない。

目的は何か、黒幕がいるのか。

捜査が中途半端で終われば根本的な解決は難しくなる。

さやかは心中でそう呟いて、焦りを振り切って城から走り去ったのだ。

とりあえず、金丸侯に報告しよう。

そして、叔父・不問を交えて今後の作戦を立てよう。

二つの小さな影は、疾風のように金丸の城に向かった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

武装代表・内野

Author:武装代表・内野
福岡・久留米を中心に、九州全域で活動している『アトラクションチーム武装』の代表です。

1972年生まれ。
1990年にキャラクターショーの世界に入り現在に至る。

2007年に武装を設立。

武装の活動内容は殺陣教室、殺陣指導、オリジナルキャラクターショー等。

2017年11月26日は10周年記念『ギルティー!!』を公演します!
福岡市南区大橋にて19:30開演!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード