2012-07-16(Mon)

あやかしたんてい(8)

『妖師探偵』の主人公の1人、勘解由小路 燈九郎(かでのこうじ とうくろう)。

チャラい感じの探偵さんです。


愛結夢達と鬼達の戦いに巻き込まれて命を落としますが、反魂の術によって大和尊命の魂を宿し復活します。

今回、燈九郎の立ち回りは前半に1つ、ラストに1つです。

前半はまだチャラい探偵なので、

●とにかく逃げ回る。
●カッコつけようとするが戦力にならない
●しかし正義感はあるので女性を守ろうとはする

みたいな感じでした。

ラストは大和尊命の魂を宿しているので

●戦闘力UP
●若干、荒々しい戦闘法
●しかしまだ戦い慣れしていない
●チャラさも忘れていない

という風に立ち回りを付けました。

燈九郎の立ち回りの見せ場はラストしかないので、印象に残りやすい手を付けたつもりです。


その燈九郎の知人にして愛結夢の育ての親の1人、仝惷(どうしゅん)。

普段は俗っぽい面を見せているが、実際はすごい法力を持つ位の高い僧です。

この仝惷の立ち回りは1つだけ、

酒天童子との一騎討ちで命を落とすシーンだけでした。

僕がこの立ち回りで重要視したのは、ズバリ『仝惷のカッコ良さ』です。

台本上では仝惷と酒天童子の力の差は歴然、
一方的に惨殺されてもおかしくない流れだったのですが、それをするのは嫌でした。

先ほど書いたように、仝惷は普段俗っぽくて、ムードメーカーだったりお笑い担当だったりするのですが、その仝惷があっさり惨殺されてしまっては、

『ただのオモロイおっちゃん』

で終わってしまうと思ったんです。


高僧としての仝惷、人格者としての仝惷を表現する為には、

『仝惷ってホントは凄い人なんだ!』

と観客に思ってもらわなくてはならないのです。

酒天童子と互角に渡り合う仝惷、

その強さの源には、愛結夢達を守りたいという思いがある。

だからこそ酒天童子も本気を出す、という事を表現しなければ仝惷が活きてこないな、と。

それに加えて、酒天童子は時間稼ぎをしているという設定なので、じっくりなぶり殺しにしている感じを入れてみました。

結果、仝惷役の龍角さんの名演と相まって素晴らしいシーンになりました。


燈九郎役の凛角さん、仝惷役の龍角さん、お2人とも殺陣の練習をする時間があまりなかったのですが、 僕は全く心配していませんでした。

お2人の芝居を最初に見た時点で、

(きっと立ち回りも上手いだろうな)

と直感的に感じたからです。

何故そう感じたかと言うと、2人とも役を掴むのが上手いと思ったから。

台本から自分の役を掴み、演技を乗せて完成させていく。

これは自分の芝居を理解し確立させていなければ出来ない事です。

そして、芝居を確立させてる人は、立ち回りを演技に変換させるのが上手いんです。

文章で詳細を説明するのはめんどくさいのでやめますが、お2人に絡んでみて、僕は自分の直感が正しかった事を確信しました。

殺陣、立ち回りは技の羅列ではなく、ちゃんとしたお芝居ですからね。

立ち回りの解説、
次回は鬼の首領、大嶽丸様。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

武装代表・内野

Author:武装代表・内野
福岡・久留米を中心に、九州全域で活動している『アトラクションチーム武装』の代表です。

1972年生まれ。
1990年にキャラクターショーの世界に入り現在に至る。

2007年に武装を設立。

武装の活動内容は殺陣教室、殺陣指導、オリジナルキャラクターショー等。

2017年11月26日は10周年記念『ギルティー!!』を公演します!
福岡市南区大橋にて19:30開演!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード