2012-07-13(Fri)

小説・さやか見参!(165)

(おかしいわ)

天井裏から鳥飼藩主の様子を見ていたさやかは心の中で呟いた。

すでに陽は高くなり、町からは人々の行き交う音が聞こえている。

さやかと心太郎が城内に潜んですでに数時間が過ぎた。

鳥飼侯は夜明けからしばらくして目を覚ましていた。

だが、さやかが呟いたように、その様子は普通ではなかった。

周りに誰もいなければ黙って横になり、家臣達が来れば黙って座している。

とにかく言葉を忘れたかのように、ただの一言も喋らぬのだ。

そして何よりも、
鳥飼侯の目には生気が全くなかった。

どろりとした濁った目をしていたのだ。

床下から様子を窺っていた心太郎は、藩主は重い病なのではないかと思った。

意識の混濁や記憶の障害、そういった何かではないのかと。

もし病だとしたらそれはいつからだろう?

この様子では例の御触れを出す事も出来まい。

御触れどころか通常の職務さえこなせそうにない。

だとしたら、虚言を禁じる御触れを出した後にこの容態になってしまったのだろうか。

心太郎はそこで思考を止めた。

どれだけ考えてみても憶測推測の域を出る事はないのだ。

ならば余計な事を考えずに、ただ様子を見ていた方がいい。

藩主は一、二度厠に行ったぐらいで後は寝所から出る事はなかった。

よってさやか達もじっと暗がりに潜んだままであった。

身動きひとつする事もなく、一切の飲み食いもせず、埃だらけの板の上にただ無機物のように横たわる。

忍びにとってそれは全く苦ではない。

これぐらいは三、四日続けられなければ忍びとして役には立たないのだ。

さやかは決して気を散らす事なく、ぼんやりと音駒の笑顔を思い出していた。

そして、

(心太郎は何を考えてるだろう)

などと思っていた。

遠くで鴉が鳴いた。

外では陽が落ちはじめているのだ。

寝所に数人の家臣達が入ってきたのはその直後であった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

武装代表・内野

Author:武装代表・内野
福岡・久留米を中心に、九州全域で活動している『アトラクションチーム武装』の代表です。

1972年生まれ。
1990年にキャラクターショーの世界に入り現在に至る。

2007年に武装を設立。

武装の活動内容は殺陣教室、殺陣指導、オリジナルキャラクターショー等。

くのいち・山吹さやかが活躍する『忍者ライブショー さやか見参!』、新シリーズ『ギルティー!!』も展開中!!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード