2012-06-08(Fri)

調子に乗る、という意味での、天狗

天狗になる時期って絶対ありますよね。

僕はキャラクターショーを始めて1年目ぐらいには既に天狗でしたよ。

先輩達に対する疑問をいっぱい持ってました。

2年目には先輩達を批判するようになり、3年目には『先輩達を超えた』と口にするようになりました。

先輩を批判するのは別にいいと思います。

先輩だから完璧、なんてハズないですから。

でもまぁ後輩が完璧なハズもなく(笑)

それから鼻を折られて我に返ったり、
また天狗になって鼻が折れて人に戻ったり、
何度も何度も繰り返して成長してきました。

だから、もし周りに天狗になっちゃってる若者がいても腹は立ちません。

『そういう時期、あるよね~』

と思うだけです。

『今はいいけど、後々振り返ると恥ずかしいぞ~』

と思うだけです。

天狗の時期って、自分の考えがベストだと思っちゃうから周りになんやかんやと口出ししたくなるんです。

『これは当然こうでしょ!?』

『なんでこうしないんですか!?』

『自分だったらこうしますけどねぇ!』

…自分が正解だと思ってますからね、
言いたくなるのも仕方ない。

周りを見下したくなるのも。

でもね、

それから経験を積むと、自分のポジションってのが分かってくるんですよ。

自分より出来てない人がいる。

当然、自分より上手い人なんて数えきれないほどいる。

それを知ると天狗になんかなれないですよ。

だから僕は、

『天狗になってもいい。いずれ身の程を知ればそれでいい』

と思ってます。

まぁたま~に、何年経っても身の程に気付かない強者もいますけどね。

僕の経験上、そんな猛者には何を言っても無駄、

だと思います(笑)
スポンサーサイト

trackback url


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

trackback

まとめtyaiました【調子に乗る、という意味での、天狗】

天狗になる時期って絶対ありますよね。僕はキャラクターショーを始めて1年目ぐらいには既に天狗でしたよ。先輩達に対する疑問をいっぱい持ってました。2年目には先輩達を批判するようになり、3年目には『先輩達を超えた』と口にするようになりました。先輩を批判するの...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

武装代表・内野

Author:武装代表・内野
福岡・久留米を中心に、九州全域で活動している『アトラクションチーム武装』の代表です。

1972年生まれ。
1990年にキャラクターショーの世界に入り現在に至る。

2007年に武装を設立。

武装の活動内容は殺陣教室、殺陣指導、オリジナルキャラクターショー等。

くのいち・山吹さやかが活躍する『忍者ライブショー さやか見参!』、新シリーズ『ギルティー!!』も展開中!!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード