fc2ブログ
2012-05-06(Sun)

真剣、と書いて、マジ

真剣味が足りない人っていますよねー。

『オマエ、もっと真剣に頑張れよ!』

と喝を入れても、何となく“ふわ~ん”としてるってゆーか。

そーゆー人を見てると、

『てめ、やる気ねーのか!』

って、キレそうになっちゃいますね。

分かります。

でも少々お待ちを。

意外に本人は、真剣にやってたりするんです。

全然そうは見えないですけど。


『真剣に頑張る』

って個人差がありますよね。

しかもその差はかなり大きい。

この差を無視すると、いつまでもすれ違いが続く事になります。

じゃあ、その差はどうして生まれるのか?

『これまでの人生でどれだけの壁を乗り越えてきたか』

これが差を生む、のだと思います。

まだ低い壁しか乗り越えた事がない人にとっては、その『低い壁』が自分の(現時点での)限界なんです。

高い壁にぶつかり、泣いて、吐いて、倒れて、それでも乗り越えた人は、それだけ限界点も高いんです。

限界点に差があれば、『頑張る』にも差が生まれますよね。

『俺はこんなに汗だくになって頑張ってる!』

って人もいれば、

『3日間徹夜して、途中で倒れて点滴受けて、あちこち怪我もしたけど頑張った』

って人もいるでしょう。

これが『頑張るの個人差』ですね。

どちらも自分の限界基準の中で頑張ってるんです。

しかし後者からすれば、低い壁しか乗り越えてないくせに、額の汗を拭いながら

『ふぅ~、俺頑張った~』

なんて言ってる前者は頑張ってるようには見えないと思います。

『もっと頑張ればもっと高い壁も越えられるだろ!』

と言いたくなると思います。

『そんな低い壁しか登れないのは頑張ってない証拠だ!』

と。

すると前者は

『俺だって頑張ってるよ!』

『頑張ってるけど、この高さが限界なんだよ!』

と反論したくなるでしょう。

基準自体に差があるので、どうしてもズレが生まれてしまうんですよね。


さて、この話、

『一見頑張ってないように見える人でも“その人なりに”頑張ってるんだから一概に責めちゃいけないよ』

ってメッセージ…

ではありません。

逆です、逆。

『俺は頑張ってるのに、周りがみんな“オマエは頑張ってない”って言うんだよな~』

ってボヤいてる人達に、

『君達の限界は、まだまだ先にある!まだまだ頑張れるんだ!もう1歩!とりあえず足を踏み出せ!』

と喝を入れようという内容でした♪

自分の中の限界点を底上げするべし!!
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

武装代表・内野

Author:武装代表・内野
福岡・久留米を中心に、九州全域で活動している『アトラクションチーム武装』の代表です。

1972年生まれ。
1990年にキャラクターショーの世界に入り現在に至る。

2007年に武装を設立。

武装の活動内容は殺陣教室、殺陣指導、オリジナルキャラクターショー等。

現在は関西コレクションエンターテイメント福岡校さんでのアクションレッスン講師もやらせてもらってます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード